GET AR

世界を変えるARニュースメディア

世界初!コニカミノルタ社が車載用3D ARヘッドアップディスプレイを開発

 4116

コニカミノルタ株式会社は2017年1月13日に、世の中でニーズが高まっている安全運転支援に向け、車のフロントガラスに三次元で運転手に必要な情報を表示する、世界初3D AR HUD (三次元拡張現実ヘッドアップディスプレイ)を開発しました。この3D AR HUDを、第9回オートモーティブワールド(1月18~20日、東京ビッグサイト、東5ホール E46-31ブース)に出展済み。現行の技術とは異なり、対象物の距離や運転速度に合わせて、運転手が認識しやすいように位置の情報を変えられる「世界初」の技術です。コミカミノルタ社の調べで、世界初の技術はフロントガラスに表示する情報を、対象物の距離や運転速度に合わせて、よりドライバーが認識しやすい位置に自在に表示できる内容となっています。

3D AR HUDの特徴としては、市街地で40km/hで走行しているときは40m先にあるように、また高速道路で80km/hで走行しているときは80m先にあるように、運転速度に合わせて、違った距離に映像(情報)を表示することが可能です。三次元的に映像を表示できる技術であり、センシングにより得た人・障害物などの情報を、対象そのものの位置に重ねて表示できるAR機能を使用。よって、ドライバーの目の位置によらず正確な映像情報を伝えることが可能になります。

EE Times
位置情報を可変できる車載用HUD 「世界初」技術

OPTRONICS
コニカミノルタ,情報位置と視線がずれないHUDを開発

コミカミノルタ
コニカミノルタ 世界初*の車載用3D 拡張現実ヘッドアップディスプレイを開発

開発企業
コミカミノルタ

ARニュース