GET AR

世界を変えるARニュースメディア

高橋慶太氏、Google Tango対応のARゲームアプリ「WOORLD」を制作中

2017/03/12
 4760

アクションゲーム「塊魂」の制作者の高橋慶太氏は、Google Tango対応スマホ「Phab 2 Pro」で新しいARゲームを開発中です。

ゲームタイトルは「WOORLD」。現実世界に可愛らしいバーチャルな家を設置したり、天井に仮想オブジェクトの雲を配置して、雨を降らすなどといったことが可能な最新のプロジェクトです。

ARゲームアプリ「WOORLD」

ARゲームWOORLD

「WOORLD」はデジタルおよび物理的な遊びをミックスした、ARゲームアプリ。Google Tango対応スマホに搭載されているカメラを介して、画面上に仮想物体をARで表示して床や机などに置くことができます。仮想オブジェクトを組み合わせて、ピタゴラ装置風な仕掛けなども作れるそうです。共有画面を通して、友人や家族とシェアしながら遊ぶこともできます。

Google Project Tangoチームと共同

高橋氏と「風ノ旅ビト」の開発を率いたRobin Hunicke氏が設立した、Funomenaでは「シンプルで素晴らしい『WOORLD』を制作するため、Google Project Tangoチームと力を合わせている」と、コメント。

「WOORLD」は一言でいうと可愛く老若男女が楽しめるゲーム。リビングルームをカラフルに変身させ、ピラミッド、トイレ、UFOなどカメラを介しスマートフォンの画面上に、仮想オブジェクトをAR表示して机や床に置くことができます。

高橋氏の作品らしい,ほのぼのとしたキャラクターデザインになっていますね。

関連サイト
Funomena(英語)
WOORLD(Google Paly)

ARニュース
, , , ,