GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARヘッドセットMeta2、出荷延期。2016年末には開発者キット出荷予定

2017/03/07
 8351

ARヘッドセットMeta2を開発している企業Meta社は、2016年9月上旬を出荷予定としていたが、最高の体験を提供するためにはもう少し時間が必要になること、それが最善の選択であることを、2016年9月21日に明らかにした。

以下は、Meta2開発者キットを予約していた顧客へ向けたメールの内容だ。

Metaの出荷遅れであるメール文章

「Meta2が、箱から取り出された瞬間あなたのイマジネーションを捉える、業界随一のAR製品であることを確実にするために、我々はこの一年の間一生懸命に働いてきた。その努力の一部として、我々はMeta社のオフィスでアルファとベータ版テストプログラムを実行して、あなたや開発者からの重要なフィードバックを直接収集し、ハードとソフトウェアを強化してきた。

我々はこの進歩を誇りに思っているが、確かに、我々の仕事は完全にゴールラインを通過するには至っていない。 とは言え、我々はまだ熱心に取り組んでいる。プレオーダーをした顧客に向けて少量生産したMeta2を、2016年の終わりまでに出荷開始する。続いて2017年の初めには、広く出荷予定だ。

最終仕上げが加えられているMeta2は、可能な限り最高のソフトウェア開発キットを達成すると我々は確信している。我々は、Meta2がいつ出荷されるか最新情報を提供すると約束する。あなたが持った弊社の製品についての感想を聞くことが待ちきれない。

カスタマーサクセス専務理事Gary Garcia氏(ゲイリー・ガルシア氏)」

ARヘッドセットMeta2の出荷の遅延

クラウドファンディングによる資金調達を行う手段を提供するアメリカの企業Kickstarter(キックスターター)におけるプロジェクトのほとんどが常に締め切りを過ぎることや、ゲームリリースの延期が著しく一般的である今、Metaが期限通りに開発者キットを間に合わせることができなかったことは、驚きではない。

ARヘッドセットMeta2の出荷の遅延の要因と対策

とても多くの可動部があるため、期限内に製品を作成し出荷するのは非常に困難なことだ。革新的なARとMRハードウェアおよびそれに付随するソフトウェアのおかげで、プロセスはすぐに、はるかに複雑になる。

製作の大幅な遅れの例として、スクウェア・エニックスのゲーム、ファイナルファンタジーXVの度重なる発売延期がある。企業はファンを失望させないように、大幅な遅延を見越し始めるべきである。一方でわれわれ消費者も、昨今の企業が重圧の下にいると知ることが重要だ。我々は、場合によっては次の日まで待つことすら長く感じるほど、何もかもがすぐ要求される即時的な文化の中で生きている。

さらに、企業は投資家を喜ばせるためにできるだけ早く製品を繰り出し、他の企業に先を越されないようにせねばならない。その上、製品も魅力的でなければならない。Microsoft社のARヘッドセットHoloLensは非常に合理的な時間枠で届けられた革命的なデバイスだが、それでさえいろいろと泣き言をいう人を黙らせることはできない。

ARヘッドセットMeta2への期待

Meta2の現在のバージョンを直接経験し、Meta営業部門上席部長Ryan Pamplin氏(リャン・パンプリン氏)と長時間話し、2016年8月5日と6日に開催されたVR Los Angeles EXPO(ロサンゼルスVRイベント)での実際に使った場合のプレゼンテーションを見た結果、いまいち粗削りであることは明確だった。

meta社は非常に素晴らしいアイデアを持っており、私は彼らのヒューマン・インターフェースのデザインに対するアプローチにとても好感を持っている。しかし彼らのARヘッドセットは、我々のほとんどが部分的に理解できるよりも、さらに作り出すのが難しい製品のカテゴリに属している。これらを正しく理解するために、しかるべき時間を取ることが重要だ。遅れはひどいが、結局部屋の隅でホコリをかぶって終わる製品よりも、素晴らしい製品が出荷されるのを待つ方がむしろ良いだろう。

まとめ

複雑なシステムを持つARヘッドセットは、開発にも多くの時間を要する。ただ、我々が未だ見たことのない世界の景色を見せてくれることは、確実だろう。製品を待ち望んでいる人も、喜びは先に取っておくという意味で、待ち時間を楽しむのもまた良いのではないだろうか。

関連記事
ARヘッドセット開発企業meta、自然な機械とはなにかを語る

ARヘッドセットmeta2、Pokemon Goには最適

meta、ARの背後にある神経科学やデザインについて

引用元
Meta Delays Shipments of Developer Kits Until the End of the Year—& That's a Good Thing

2016年12月17日追記
米VR専門WEBニュースメディアRoad to VRは2016年12月16日(現地時間)、2016年末中にARヘッドセットMeta 2開発者向けキットが出荷される可能性は低いと自身のメディアで報じた。

米VRメディア「2016年末にARヘッドセットMeta 2を出荷する可能性は低い」

2016年12月26日追記
ARヘッドセット開発企業Meta社は2016年12月21日、ARヘッドセットMeta 2開発者向けキットが出荷したと同社のTwitterにて報じた。

ARヘッドセットMeta 2開発者向けキット、出荷開始!

AR技術・テクノロジー