GET AR

世界を変えるARニュースメディア

SuperbrightのARアプリ1600、ロナルド・レーガン暗殺未遂事件を1ドル紙幣の上で再現

 1155

拡張現実(AR)は、我々の現実の世界の見え方を変えることによって、革新的な方法をたくさん提供する。スタジオSuperbright(以下スーパーブライト)は2016年10月、1981年に起こったロナルド・レーガン暗殺未遂事件を見せるAR体験を作成した。スーパーブライトは、レクリエーションの仕掛けと、プロジェクトの背後にあるインスピレーションを共有した。ホワイトハウスのARアプリケーションと同様に、ユーザーは自分の携帯電話のカメラを1ドル紙幣に向けると、展開される事件を見ることができる。1ドル紙幣は、平面にAR体験を固定し、射撃された弾丸の弾道と、射撃の混乱の余波を見ることができる。

このアプリケーションは、ナショナルジオグラフィック社のKilling Reagun(レーガン暗殺)というプロダクションに伴い、劇的な再演で暗殺未遂をさらに探求し、同名のベストセラー本を元に作成された。

関連記事
ARアプリZookazamを教育現場へ導入、子供たちの好奇心を駆り立てる

シンガポール中央麻薬捜査局、ARディスプレイで薬物乱用の危険性を伝える

【Google Tango】惑星を学習できる教育ARアプリ、スケール太陽系シュミレーター

引用元
Watch The Assassination Attempt of Ronald Reagan in Augmented Reality

App Store
KILLING REAGAN: An Augmented-Reality Investigation

AR Androidアプリ AR iPhoneアプリ ARアプリ