GET AR

世界を変えるARニュースメディア

産業用メガネ型ARスマートグラス、Vuzix-M300が凄い!

2017/03/07
 14230

アメリカのニューヨークに本社を置き、ソフトウェア・メガネ型ARスマートグラスなどを開発している企業、Vuzixが自社の最新型スマートグラスであるVuzix M300の製品紹介の動画を某日、公開した。

今から約3年前にARスマートグラスVuzix M100をリリースしたが、ユーザーからのフィードバッグを基に改良を施されたのがM300である。非常にセンスの高さを感じさせるもので、産業用に開発されたARスマートグラスである。業界最先端のブランド力と豪語するVuzixの次世代型ARスマートグラスとははたしてどのようなものだろうか

VuzixスマートグラスM100の最終出荷数は数千台

1997年からVuzixはウェアラブル関連の商品や機器を製作し、最終的な耐久力テストを経て産業用途のARスマートグラスであるM100を開発、2013年に出荷を開発した。最終的に約数千台が出荷されたといわれるが、販売してそれで終了ではない

各業界の作業現場で、作業効率や正確性など調査し、改善した

出荷台数がすく少なかったVuzixは自社で開発したM100が各業界の作業現場においてどれだけの利益・作業効率UPをもたらすかを調査したのである

  • 製造業(航空宇宙産業製造業)にて正確性が約99.99%まで改善
  • 遠隔作業支援にて約60%の出張費用削減
  • 遠隔医療にて再入院率を約30%削減
  • 物流(倉庫でのピッキング)において生産性の約25%の向上を達成

Vuzixの目標であった「生産性の劇的な向上」という目的は果たせたといえる。

VuzixスマートグラスM300は大幅にアップグレード

現場からのフィードバッグを反映して次世代後継機としてVuzixはM300を発表した。発売は2016年の年内を予定している。M100の改良機というだけあってM100からのアップグレードや交換、さらにはいきなりM300を買うのは・・・という顧客の要望にも応えてM100のお試しも可能となっている。

2016年10月3日追記
Vuzixは2016年9月下旬にはARスマートグラスVuzix M300を企業パートナーに向け出荷した。パートナー企業は50社を超え、日本企業の新日鉄住金ソリューションズ株式会社、株式会社NTTドコモも含まれている。

CPUはIntelの情報端末向けのCPUであるAtomを搭載。OSはAndroid6.0を採用。

カメラは取外しが可能、ディスプレイは1300万画素数に!フルHD、オートフォーカスやぶれの補正が可能

  • 1300万画素
  • フルHDビデオ撮影
  • オートフォーカス&ぶれ補正

右目から見るような形となっているが取り外しが可能で左右両目で使用することが可能。

ディスプレイ部はHDカラーディスプレイを採用。視野角は20°となっており、機器部分に関しては360°回転が可能。ディスプレイとカメラの角度調整は45°まで可能という仕様だ。

本体部機能はタッチパッド、ボイスコントロール用のマイク

  • タッチパッド(スマートグラス本体部中央)
  • Android用4ボタン
  • ボイスコントロール用本体部マイク

産業用途ということで人間工学に基づいても設計されており、さまざまな変更(安全グラスの追加、ヘッドセットやヘッドバンドとの併用、ヘルメットへの追加)にも対応。バッテリーに関しては用途にもよるがフルで使用しても2時間は持続、最高で約12時間の稼働が可能となっている。

通信関連はBlueToothやUSB2.0 HS

  • BlueTooth
  • Wi-Fi b/g/n/ac MIMO 2.4ghz or 5.0ghz
  • USB2.0 HS

耐久性は防塵&防水、落下衝撃にも耐えられる設計

防塵&防水はもちろんのこと、2.4mからの落下衝撃にも耐えうる設計となっている。

2.4mというのは想定できるレベルの人間が背伸びして手を伸ばすぐらいの長さである。頭部につけている状態からなんらかの要因によっての落下、およびなんらかの理由で高い場所に置いた場合の落下に対応でき、作業現場で起こりうる状況を考えた設計になっているのだ。

まとめ

M100でかなり手応えを感じ、今回のM300においてもVuzixはかなり自信を持っているようで、早くもウェアラブル撮影機器で有名なGoProとパートナー契約を発表し同社のカメラ製品との連携が可能と発表している。産業用ARスマートグラスとしてはたして何処まで発展していくのが楽しみである。

2016年10月3日関連記事追記
メガネ型ARスマートグラスVuzix M100とSAPのアプリ、作業をより効率化する

MBTA、鉄道の問題の対処にODG R-7、vuzix M300のARスマートグラスをテスト使用

VuzixスマートグラスM100とM300、DHLのグローバルARプログラムの主要コンポーネントに

Vuzix、ARスマートグラスM300テスト用を企業パートナーに向け出荷

Vuzix、最新ARスマートグラスM300発売間近、パートナーは50社を超え日本企業も対象

Vuzix USA
Vuzix

Vuzix Japan
Vuzix Corporation

2016年12月16日 追記
新しいVuzix M300、M3000スマートグラスの国際展開や製品の拡大。独自の導波路技術の開発と、2017年にはB3000両眼光導波路をローンチ、およびその他一般的な業務の運転を目的としている。Vuzixは200万株式の売却に関する契約の参入を発表した。

Vuzix、新たな3つのウェアラブルデバイス、ARスマートグラス3000シリーズを展開

Vuzixが200万株式を売却、総売上高1450万ドルを独自技術のARスマートグラスに投資

AR技術・テクノロジー