GET AR

世界を変えるARニュースメディア

自動車メーカーVolvoの開発環境はHololensでどう変わるのか?

 1955

Microsoft HoloLensがそのパートナーである有名な自動車開発メーカーのVolvo Carsにスポットライトを当てた動画をUPしている。Hololensによって各分野は大きな発展を遂げると言われているが、今回は自動車業界の開発現場などがどう変わるかを見ていく形となる。動画を見ると、そこにはとても発展途上の分野とは思えないほどの洗練されたHololensの理想的な使い方のような物が垣間見えた。Volvoは地元の名門チャルマース工科大学と共同研究をしていることでも知られ、そこで学生たちの独創的なアイディアを取り入れていることでも知られている。もしかすると、Hololensを自動車製作の現場に取り入れようというアイディアもそうした学生たちからの意見の一つであったのかもしれない。

変わる車の開発環境

Hololensを使って視界に拡張された自動車の3Dモデルがハンドサイン一つで分解し、ときには作動させることで、今までは車の木型を作っていた自動車の開発現場をより精密に投影できる形にし、さらにその状況などをメモすることによって開発現場をさらにスムーズに進ませることができるという形だ。3Dモデルは、その自動車の知りたい情報、各種機能がわかるほどに精密化されており、動画では3Dモデルの車体を分解して内部の各種機器の状況までもを見ることが可能となっている。これを応用すれば自動車販売の現場にも応用できるのではないだろうか?様々な可能性という物を実感できる。

自動車を仮想環境で動かしてみる

さらに自動車の3Dホログラムに移る。この3Dホログラムの自動車には各所にセンサーやカメラが仕込まれており、それを使って実際に何が可能か、車道でどういったことが可能かが現実空間に仮想環境として見ることが可能となっている。実車で現実に実験することと比べれば信頼性という点では確かに劣るかもしれない。しかし、拡張現実としてパソコンで見る以上に気軽に、その場で見れるという点は特筆すべき物であると言えるだろう。

製造現場も変化する?

それだけでは終わらない。Hololensを使えば製造現場の環境も変化するものであると示唆されている。自動車のドアを製造する際に、それらの現実世界に拡張された情報を見ながら作業できるようになるかもしれないのだ。自動車製造の製作の現場でこのような未来的な光景というのはなかなか見ることはお目にかかれないだろう。それだけにHololensによって製造現場が大きく変わる影響はかなり大きく驚きを以て迎えられるのではないだろうか。

まとめ

動画を見て驚いたことがある。それは未だ発展途上であるHololensを使いこなし、非常に違和感なく使いこなしている点だ。今まで色々なHololens関連の動画を見てきたが、これまでの動画と比べると、技術の紹介以上の、非常に洗練されたHololensの使い方を見ることができる。短い動画ではあったが、これがHololensの有効な使い方と言わんばかりの凄さを感じてしまった。過去に筆者は自動車メーカーの開発現場を少しではあるが見せてもらった経験があるが、それらと比べても凄い物であると感じた。自動車の開発と製造の現場は間違いなく大幅に変化するだろうと予感させる動画であった。これらの現場からも目が離せないだろう。

自動車メーカーヒュンダイがAR技術によるマニュアルを所有者に紹介

AR技術・テクノロジー