GET AR

世界を変えるARニュースメディア

TREE社、Blipparと提携し外国人観光客へAR多言語翻訳アプリのサービスを提供

2017/03/07
 1827

Blipparアプリとその背景の写真

地域デザイン、映像コンテンツメディア制作・プロモーション、サステナブル教育事業まで多岐にわたって事業を展開している、株式会社TREE(以下:トゥリー)は2016年10月、次世代の課題解決能力を育むための映像教材を用いた対話型の授業設計や、地域・企業人材の育成を目的とした研修やプログラムの開発、実施を支援すると発表した。

トゥリーはBlippar(以下:ブリッパー社)と提携。ブリッパーの提供するARアプリを活用し、多言語対応メニューによる効果的なビジュアルプロモーション支援を提供。

世界中でスマートフォンが普及することで、SNSなど口コミで拡がる観光市場。外国人観光客はこのような利点を提供し、拡散に繋げていくこと可能性に期待している。

  1. 観光ガイドのAR多言語対応メニューにより、母国語による動画が視聴可能
  2. 詳細なテキスト情報を提供
  3. 外国人に向けてのナビゲーションを提供
  4. ARアプリのカメラ機能で、ユーザーフォトとSNSの連携により楽しく投稿

トゥリーは、今年はじめから近畿地方の自治体に導入し、実績をあげている。

プロモーション追跡分析サービスを含め本格的にワンストッップサービスとして、冊子企画制作から連携映像コンテンツ、ARマルチプラットフォームサービス、多言語翻訳支援サービス、分析レポート支援まで全国に展開。

インバウンドの他、ガイドブックや移住促進、ものづくり、地域伝統継承などに本技術やサービスを提供していく予定だ。

関連記事
世界初のAR油絵画家、Blipparと提携し展示会を開催

ポルシェ718ボクスターが雑誌にARを採用。Blipparと自動車メーカー広告代理店が提携

開発者にARソリューションを提供するBlippar 「巨大なAR市場を実現する世界を見ている」

AR Media Japan
多言語AR メディアジャパン

ARニュース