GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARロボット戦争ゲーム、Throne Defenseが面白い!

2017/03/07
 3968

ARを活用したロボットの戦争ゲーム、スローンズ攻撃(Throne Defense):ロボット戦争というボードゲームアプリが次世代ゲームとして面白そうだ。このゲームはRTS(リアルタイムストラテジー)という種類のゲーム、いわゆるリアルタイムで兵器や軍隊に指示をあたえて、相手陣地を戦略するという欧米人が好きそうなゲームだ。この動画ではロシア語が出てくるが英語バージョンのアプリがある。

さっそく見てみよう!BOARDED GAMES(ボードゲーム)の文字が画面に表示される。ボードゲームと聞くとかの有名な人生ゲームを思い出す。次にHAVE BECOME A NEW REALITYという文字が。新しいリアリティが来るという意味だ。どういった意味だろう。続きを見てみよう。なんの変哲もない1枚の紙が見える。3Dでもない、マグマもしくは炎を岩のようなものが囲んでいるイラストが施されている紙だ。ALL THAT YOU HAVE IMAGINED(すべてをイメージするんだ)。WILL COME ALIVE(生きてくる)。どういった意味だろうか。New Player VS Roberto Austin(新しいプレーヤーVSロバートオースティン)ここで初めてこのゲームのすごさを目のあたりにする。

3Dになり、城のようなものが浮かび上がる

スマホもしくはタブレットからイラストが描いてある紙を覗き込むと、3Dになって城のようなものが浮かび上がってきた。さらにロシア語の文字も浮かんでいるように見える。カニのような物体が城の周りを歩きだした。物体の上にはHP(ヒットポイント)が緑色で表示されているのがわかる。敵陣地に向かって歩いている。

攻防のカードを選択し、配置する

COST200、HP100、Damage10 の防御専用のマシーンのようなカードが表示される。タップすると指定の位置へ置かれた。COST100~COST200まで、HPやDamegeもそれぞれなカードが4枚表示される。攻撃専門のカードのようだ。COST100のカードをタップすると歩き出し敵陣地へ。AND YOU WILL DEFINITELY FEEL(まちがいなく感じる)。WHAT ARE REAL EMOTIONS(何をリアルに感じるか)。どういった意味だろうか。すると右の防御マシンが左から攻めてくるマシンをビーム砲のようなもので攻撃し始めた。ボムの攻撃で左から右へ歩いているマシンはHPがドンドンなくなっていくのがわかる。さらに、画面上から攻撃(プレーヤーの攻撃)だ。ボム攻撃ですべてを一掃した。画面は切り替わり次はプレーヤーが左の角度から右の角度へ移動し始める。おもしろいごとにどんなに角度を変えても崩れないことがわかる。プレーヤーは紙を先程のデザインしている紙を持ち上げた。縦に横にしたり3Dに反映されているものを落とそうとしたり。それでも崩れない。これがARのすごさだ!

まとめ

どうしてもARを映しているときにスマホやタブレットを動かすと振動のようなブレが生じるが、このゲームは全く感じなかった。VFXとARの融合ほどではないが、AR技術は確実に進歩している。指定の紙一枚とアプリがあれば、どこでも戦略ゲームができることに驚きの連続だ。だが、このAR技術の進化の速さからいうと、そのうち技術が進歩するにつれて、その紙は必要なくなるだろう。

スローンズ攻撃:ロボット戦争(拡張現実) - Google Play

Thrones Defense: Robots War (AR)を App Store で - iTunes - Apple

AR技術・テクノロジー