GET AR

世界を変えるARニュースメディア

子ども教育ARゲームアプリOsmo開発企業、2400万ドルの資金調達に成功!

2017/03/08
 2443

OsmoのARゲームで遊ぶ子供たちの写真

子ども教育のためのARゲームアプリOsmoを販売しているTangible Play(以下:タンジブル・プレイ)は2016年12月、2400万ドルの資金調達に成功した。

投資企業は、Sesame Workshop(以下セサミ・ワークショップ)のハイリターンを狙った投資を行うベンチャーキャピタルのひとつSesame Ventures(セサミ・ベンチャーズ)と、大手おもちゃメーカーMattel(以下マテル)のみならず。同じく伝統的な投資会社Upfront Venures(アップフロント・ベンチャーズ)、Houghton Mifflin Harcourt(ホートン・ミフリン・ハーコート)、Accel Partners(アクセル・パートナーズ)、Shea Ventures(シェア・ベンチャーズ)、 K9 Ventures(K9ベンチャーズ)も投資している。

子ども向け教育ARゲームを開発してきた、タンジブル・プレイ社

実際のおもちゃとデバイスを組み合わせ、遊びながら学べる機会を提供するOsmo

Osmoは2014年5月、クラウドファンディング・キャンペーンで、実際のおもちゃとiPadのアプリを巧みに組み合わせた3つのおもちゃとして発売。ユーザーがiPadを専用の台の上に載せて、小さな鏡をiPadのカメラの上に挟むことで、デバイスはカメラの前の空間を認識する目を持つことになる。カメラが認識するiPadを置いたテーブルの空間にオブジェクトを配置することで、子どもたちはパズルを解いたり、文字の書かれた実際のタイルを使って英語の勉強で遊んだり、絵を描くゲームができる。

関連記事
Tangible Play社が開発した最先端の子供教育ARアプリ、Osmo

Osmo ARゲームアプリ、子供達へピザ屋の経営を通して楽しくビジネス体験を提供

ARの流行に振り回されず、子どもたちが自分の手で遊ぶことに焦点を当てている

ゲームやARアプリと現実世界を組み合わせるアイデアは、ポケモンGOの画期的なヒットを含む新しいAR技術のブームの一環として、ここ数か月の間に多くの注目を集めている。

タンジブル・プレイ共同設立者であり最高経営責任者Pramod Sharma氏(シャルマ氏)は、最近のインタビューの中で、「これらの種の評価を気にしないこと、そして我々はそれを実際の現実と呼んでいる」と、皮肉を込めて語った。

しかし、実世界のオブジェクトと対話するアプリの核となるアイデアは、Osmoの創業以来に存在する。「我々は、子どもたちが自分の手で遊ぶことに焦点を当てている」と、シャルマ氏は述べた。

関連記事
ARの教育現場の存在、4つの教育分野における活用方法とARゲームの影響力

ARの効果を教育現場で最大限に生かすために、必要となる4つの考え方

AR技術を使用して、教室内の授業をレベルアップさせる4つの教育方法

2400万ドルの資金は、ARアプリやゲームのラインナップ拡大のため

さらなる進化を目指して、エンターテイメント企業とのコラボレーションも検討中

Osmoは現在、アプリやゲームのラインナップを拡大するために資金を使いたいと考えている。そしてセサミ・ワークショップとマテルとの製品と流通のパートナーシップを模索している。

シャルマ氏はVarietyの最近のインタビューで、タンジブル・プレイが子どものためのエンターテイメント企業からの関心の高まりを見ていたことを述べた。特に、最終的にOsmoの最新の資金調達ラウンドに参加する企業となったセサミ・ワークショップは、最適なもの。「Sesame Street(セサミ・ストリート)は、この古典的なエンターテイメントが教育のDNAを会社に焼き付けた」と彼は言った。Osmoの自然な進化として描いた、ゲーム競争の配信パートナーを含む、セサミ・ワークショップとマテルとのコラボレーションの機会をいくつか検討している。

2017年、ARアプリに新しいプラットフォームを取り入れる計画

Osmoの初期は、切り分けた正方形をパズルのように組み合わせるタングラムのようなゲームで、昔からある子どもの遊びに基づいていた。最近では、Osmoはゲームプレイを駆動するために文字を使用している。「子どもたちは文字で繋がり合う」シャルマ氏は説明した。

モバイルアプリと有形のオブジェクトを、画面を超えて組み合わせようと探求する企業は、Osmoの他にもある。2016年12月7日、ソニーは、Project FIELD(プロジェクト・フィールド)と呼ばれる新たな取り組みを発表した。専用のカードをパッドの上に置くと、タブレット端末などのデバイスに読み込まれたカードが映し出され、動くカードゲームを楽しめるものだが、発売は未定。

タンジブル・プレイは、2017年にもアプリに新しいプラットフォームを取り入れようとしている。同社は、外出先でARゲームをプレイできるiPhoneアプリを開発している。

関連記事
バラエティー豊かなAR体験を提供するOAKを有するTone tree、資金調達を開始

子供用教育ARブランド上海Yangshu Wenhua、投資家や米国大手企業から3700万ドルの資金調達に成功

AR最新トレーディングカードゲームGenesis、5万ドル以上の資金調達に成功

引用元
Tangible Play, Maker of Osmo Augmented Reality Toys, Raises $24 Million From Sesame Workshop, Others

ARニュース
,