GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARヘッドセット『HOLOSCOPE』のホログラム技術、輻輳(ふくそう)調節矛盾の問題を解消か

 3493

RealView社は現行の拡張現実(AR)/ VRヘッドセットで大きな問題となっていた部分を解消するホログラムができるという声明をだしています。

RealView社はデスクトップのホログラム投影装置で培ってきた技術を、ARヘッドセットHOLOSCOPE(以下『ホロスコープ』)に組み込む計画を発表。この新しいARヘッドセットではOculus(オキュラス)RiftやVive、MicrosoftのHoloLensなど、現行のARやVRヘッドセットにはつきものともいえる輻輳(ふくそう)調節矛盾の問題を解決するかもしれません。

輻輳(ふくそう)調節矛盾について

RealView社の『ホロスコープ』の動画は現行のAR/VRヘッドセットでは、微妙に違う映像2点を投影して組み合わせ、錯覚を利用した形で立体的な映像を見せています。しかし、ずれた平面映像を疑似的に立体で、頭痛が生じ、酔ったような気分になるという副作用があります。

筑波大学大学院博士課程 修士論文
輻輳調節矛盾を解消する立体表示法の研究

ARヘッドセット『ホロスコープ』は、高画質で高精度な3Dホログラム

果たしてRealView社はARヘッドセット『ホロスコープ』の実用性という面で、一体どこまで上手くホログラム映像を作り出すことができるか、とても気になります。ARヘッドセットを使ったホログラムのデモ動画は、映像の加工は一切していません。この技術を同社のARヘッドセット『ホロスコープ』に搭載すると発表しています。

RealView社のARヘッドセット『ホロスコープ』のデモ動画では、驚くほど高解像度で高品質のホログラム。しかし、RealView社のサイトや動画で、「複数またはダイナミックな焦平面」という妙な一文が見られます。焦平面とは入射光線が焦点を通り、投影される光軸に垂直な平面のことですが、本来ホログラムに焦平面などありません。

ホログラムの生成方法を調べてみると2つあり、フーリエ変換を利用した方法だと2D画像しか作り出せていません。ポイントソースホログラムであれば3D画像が作れますが、非常に複雑なコンピューター処理が必要。もしかしたらRealView社は直接的に3Dホログラムを作らず、フーリエ変換を利用した2D画像を疑似的な平面上に様々な深度で配置し、スライス上になっている2D画像を組み合わせて多面的なホログラムを生成しているのかもしれません。

視野を動かしてもホログラムは崩れない

スライス上になっている2D画像を組み合わせて多面的なホログラムを生成する方法なら、「複数またはダイナミックな焦平面」という説明にも納得がいきます。この生成方法だとデスクトップシステムでは見る人が動くとたちまちホログラムは崩壊。ヘッドマウントディスプレイなら頭に固定されているため、動いてもそれに合わせて投影画像を調整すれば、ホログラムが崩れる心配はないです。

『ホロスコープ』の実現に大きな期待が寄せられている

現時点のRealView社の発表では、どこまで製品化に近付いているかはわかりません。また、視野についても何も触れられていません。ARヘッドセットにおいて視野は重要な要素で、とても難しい部分でもあります。

あくまで推測ですが、『ホロスコープ』のホログラム生成技術は実在しているものです。今後の更なる詳細、進捗情報を期待しています。

RoadtoVR
‘HOLOSCOPE’ Headset Claims to Solve AR Display Hurdle with True Holography

RealView Imaging
RealView Imaging | Holographic Augmented Reality

UNC Graphics & Virtual Reality Group
Wide Field Of View Varifocal Near-Eye Display Using See-Through Deformable Membrane Mirrors

AR技術・テクノロジー
,