GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Realtor.com、新しい家探しのために拡張現実(AR)を使用

 2100

新しい家探しは、リストしてある家を見て実際に出向くなど、とても手のかかる作業だ。 不動産情報を提供している企業Realtor.comは、拡張現実(AR)Android アプリのストリート・ピークとサイン・スナップの2つの新しい機能で、家の購入を気軽にしようとしている。

ストリート・ピークは、内覧したい家についての詳細をスマートフォンのカメラで家を指すだけで示してくれる。家が販売に出されていない場合でも、ウェブサイトのデータベースから重要な詳細を全て見れる。また、同時に数個の家のグループごとに詳細を出してくれる。家のリストや、家賃、最近の相場、予測価格、寝室と浴室の数を、アプリで出した家について、全て表示してくれる。カメラを家以外の場所へかざすと、近くに何があるのか地図を出してくれる。だが、ストリート・ピークは2017年春までRealtor.comのAndroid 拡張現実(AR)アプリでは利用できない。

サイン・スナップの機能は画像認識とGPSで、Realtor.comのデータベースからのリストの情報にアクセス可能。「売り出し中」や「貸し出し中」のサインをスマートフォンのカメラで写真を撮るだけで良い。その後、写真を見たり、物件の詳細、金額のデータ、オープン・ハウスの情報などが手に入る。発見したものをEメール、テキスト・メッセージ、SNSでシェアすることもできる。

engadget
Realtor.com uses augmented reality to help you find a new home

DigitalTrends
Realtor.com Introduces Sign Snap and Street Peek to its Android App | Digital Trends

GeekWire
Realtor.com’s new features bring augmented reality, image recognition to home-buying

ARニュース