GET AR

世界を変えるARニュースメディア

自転車ライダー用ARスマートグラスRaptor、イスラエルのEverysight社が開発

 21735

自転車乗りのためのARスマートグラスRapterを使用するライダーの写真

VRを使えば家に居ながら世界の様々な場所をサイクリングしているような気分になれる。しかし、この新しいARスマートグラスはあくまで外で実際にサイクリングを楽しみたい人たちにとってとても良いアイテムだ。

イスラエルを拠点にしているスマートグラス開発企業Everysight社(以下エブリサイト)は2016年12月7日、Raptor(以下ラプター)という自転車ライダー専用のメガネを発表した。Google社のグーグルグラスや近々発売されるcastARを彷彿とさせる。

関連記事
castAR、新たな人材を登用しARスマートグラスの2017年ローンチを目指す

サイクリング中にこのメガネを装着していると、ナビ、時間、距離、速度、心拍数、リズムやパワーなどのデータが交代で自分の目の前に重畳表示される。これらのデータは現在、スマホアプリで簡単に取得できるものではあるが、見るためには画面に目線を落とさなければならない。ラプターを使えばデータを見ながら常に前を見て走り続けることができる。

Raptorを使って走行データを保存するには、iOSとAndroid連携アプリが必要

動画では実際のライダーたちが使用した感想を話している。このメガネの素晴らしい利点、安全性などが強調されている。

車のダッシュボードのようにも見えるディスプレイは、3つの方法でコントロールできる。ハンドルに取り付けたリモコン、音声認識、車載式タッチパッドだ。走行の軌跡もカメラで撮影でき、後でもう一度見返したり、友人たちとシェアしたりできる。

メガネ単体ではいくつもの走行データを保存しておくことはできず連携アプリが必要。そのアプリはiOSとAndroid用に公開すると述べている。

エブリサイトは電池の寿命についての公表を控えたが、充電せずに100マイル(約161km)の走行が可能になることを目指している。

計画中の2017年の試作品テスターを、公式サイトで募集中

発売に向けて、エブリサイトはラプターの無料テストプログラムを計画中だ。2017年中の3ヶ月間を予定している。興味がある人は公式ウェブサイトからテスターの応募ができる。テスターに選ばれた場合は、最終的に発売する商品を購入しやすくなる特典がある。

エブリサイトは発売日や価格については公表していない。

関連記事
CycloがサイクリングにARを活用し、より安全にする動画を公開

サイクリング専用のARスマートグラス、Solosがすごい!

スノボー、スキーヤー必携のARスマートゴーグル、RideOnが資金調達完了

引用元
Everysight’s smartglasses give cyclists a fighter jet display

Raptor AR Smartglasses Give Cyclists Essential Stats While On The Road

Everysight Augments Cycling with Raptor Smartglasses

開発企業
Everysight

ARメガネ・スマートグラス
, ,