GET AR

世界を変えるARニュースメディア

英国RamJam、ARアプリ 3D FringeのARゲームの技術をもっと身近に体感してみよう

2017/01/14
 1042

イギリス企業でアニメーションや3Dゲーム、アプリを開発している会社Ram Jamが発表している、あるゲームをご紹介したい。その名も、Save the kittens!(子猫を守れ!)というものだ。ちなみにこのゲームは、雑誌の特定のページを、3D Fringeという専用の拡張現実(AR)アプリで映し出すことによりオーバーレイ表示で楽しむことができるという仕組みになっている。どのような内容なのか、さっそく見ていこう。

なお、以前の記事で紹介した The Marble Machine というアニメーションも、同じ会社から発表されたものだ。そちらも合わせてご覧いただくと、より楽しみが増えることだろう。

関連記事
英国RamJam、ARアプリ 3D Fringeをリリース

英国RamJam、拡張現実(AR)アプリ 3D FringeのARゲームの技術

拡張現実(AR)アプリ 3D Fringeは、本格的なゲーム

柵で囲われた長方形の空間に、水が溜まっているのが分かる。その水はすぐに引いていき、すっかり空っぽになった空間に、3本の道が現れた。両脇には、トンネルの入り口のような部分があるのが分かる。ゲーム開始直前、電光掲示板に、カウントダウンが表示され始めた。GO! という開始を告げる表示と共に、子猫達が走り出してきた。と思うと、道の上を走っている子猫が、鳴き声をあげながら風船と共に空に浮かんでいく。中には浮かんでいく事なくトンネルの中に消えていく猫もいるので、プレイヤーが操作することで、猫に風船を付けて飛ばすことができるというルールがあるのだろう。

タイトルからも分かるように、いずれまた水が満ちてくる前に、少しでも多くの猫を助け出すという趣旨のゲームだ。柔らかな色合いで統一された舞台と可愛らしい子猫達、そしてタイムリミットが設けられているというスリルが、素朴ながらも何度でもプレイしたくなる独特の魅力を生み出している。

拡張現実(AR)アプリ 3D Fringeを親しみやすいものへ

雑誌の紙面上という限られた場所で、これだけしっかりとしたゲームをプレイできるという点が、技術の高さを感じさせる。そして、やはり何よりのポイントは、このゲームを実現するために、拡張現実(AR)を駆使しているということだ。単に雑誌の上に現れるだけのアニメーションではない、実際にプレイできるゲームは、ARをより身近に感じる為にはとても効果のある手法ではないだろうか。老若男女だれもが試してみることができる手軽さも、認知度を高める為にはうってつけだと言える。

拡張現実(AR)アプリ 3D Fringe まとめ

ARというものを、難しいもの、自分にはまったく関係のないものと考えている人も、まだまだ少なくないかもしれない。だが、このような親しみやすいゲームを通して、ARが思っていたよりも身近にあるものだと感じてもらえるのではないだろうか。また、これらのアニメーションやゲームの開発を通して、ARを実現する様々な技術が、より新たな進化を遂げていく事にも期待したい。

Google Play
3D Fringe - Google Play

App Store
3D Fringe on the App Store - iTunes - Apple

RamJam
Download the FREE 3D Fringe app here

AR技術・テクノロジー
,