GET AR

世界を変えるARニュースメディア

【Google Tango】自分好みに自転車をカスタマイズできるARアプリ、Bike 3Dコンフィギュレーター

 1435

自転車のカスタマイズができるGoogle Tango対応ARアプリBike Configの使用画面の写真

Project Bike 3d Configurator(バイク3Dコンフィギュレーター「製品構成を作成するツール」)は、Google TangoのためのARアプリだ。3Dグラフィックと新しい技術で、既存の、あるいは未来の自転車を創り出すのを可能にする。自転車のカスタマイズが、かつてないほど迅速かつ簡単にでき、部品の変更、色の差し替え、サスペンションの確認など、作成した夢のバイクは、ソーシャルネットワークで共有し友人に見せられる。

開発企業は、Elementals Studio。Unity3DやGoogle Tango Projectを活用する開発者たちが集まったプロフェッショナル集団だ。

将来、オンラインショップや、自転車を簡単に作成し購入できるサービスを提供する。マウンテンバイクのハードテイル、ダート、ダウンヒル、クロスカントリー用バイク、ロードバイク、シティーサイクルなどの色々な種類の自転車を増やすことも含む。

関連記事
【Google Tango】Trixi、協力型ARシューティングゲームPHANTOGEISTをリリース

【Google Tango】スマホを投石器具(パチンコ)にして遊ぶARゲームアプリ、スリングショット・アイランド

部品と色を変更して、自分だけの自転車をアプリ上でカスタマイズできる

オプションとして、部品のペイントを行えるようにした。

  • フレーム
  • ホイールハブ 車輪を固定している部品。
  • スポーク ハブからタイヤの根本まで、放射線状に伸びている部品。
  • ハイドロライン ブレーキホースの部品。
  • リム 車輪を構成するの金属の部品。
  • グリップ
  • ペダル
  • ステム ハンドルとフォークとを繋ぐパイプ状の部品。
  • ハンドルバー

これらの色に合わせて、部品の色を変えることが出来る。以下は部品。

  • フォーク(車輪を挟んでいる部品)
  • タイヤ
  • ヘッドセット
  • ブレーキ
  • サドル
  • チェーンガイド
  • ブレーキローター
  • ショック
  • ディレイラー 変速装置の部品。
  • カセット 変速機の付いている自転車にある、ギアの部品。

メーカーによって提供されたカラーのみを活用。このコンフィギュレーターで自分専用の自転車を見たいのなら、新しいフレームやフォークの未来のアップデートのために、プロジェクトページへ投票して欲しい。

関連記事
【Google Tango】購入前に家具をテスト配置できるARアプリWayfair View

【Google Tango】ARアプリLowe's Visionで、家具・インテリアを仮想配置

【Google Tango】惑星を学習できる教育ARアプリ、スケール太陽系シュミレーター

AR Android App
Bike Config AR Store

AR Androidアプリ ARアプリ Google Tango
,

ライティング修行中。様々な可能性を秘めたARとの関わり方を考えています。ARの発展と共に、この社会がより良くなっていく事を期待しています。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly