GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARメガネでチケットを送付?とある大学の修士論文が面白い

 1748

スロベニアのとある大学の修士論文の一部としてARメガネの動画が面白い。論文の主要部分はAR技術を活用した場合のグラフィックデザインの出力について示されている。

場面は欧米の日常にある歩道。スズメの鳴声が聞こえ、清々しい朝である。空から赤と白のボールのような物が落下してきた。これがオープニングのようだ。するとボールはの文字は毎年毎年の文字が表示される。

ボールが崩れしばらく歩いていると、チケットと画面上に表示される。すると画面下に4つ3Dホログラムが表示される。左からリスト、マップ、アドレス、動画とみられる。おそらくARメガネを装着しているのだろう。左のリストに注視カーソルを持っていくと、それぞれのリストが表示される。右にスライドし、キルカーさんの下のシルクさん、リーさん、ルーさんの3人を注視カーソルをもっていく。3人の顔が3Dになって回っているのがわかる。画面上チケットを送付しますか?との問いに対して、チェックをクリックすると送付完了の文字が。するとホログラムは内側から外側へ逃げるようにフェードアウトする。いつもと変わらない日常に戻る。

まとめ

目でアクションを起こし、機械に伝えることで動作する。これは手足不自由な障害者などにも利用できる。将来はARメガネを掛けながら友達と会話していることだろう。またチケットを送るという行為以外にも利用できる。例えば、夏の時期、エアコン、扇風機を目で見るだけで、スイッチを入れられる。一回一回リモコンを取りに行かずに済むし、とても便利な時代になることは間違いない。

ARニュース

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR管理人。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱はある人。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly