GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ポルシェ、品質保証のためAR拡張現実技術を採用

2016/10/01
 667

ポルシェ、品質保証のためAR拡張現実技術を採用

高級自動車メーカーポルシェは某日、品質保証のため、AR拡張現実技術を採用することを明らかにした。ごくわずかな差0.5ミリメートルのパネルのズレや品質委員会などが定めた厳格な基準はないが、品質管理の手法としてARを積極的に取り入れる方向。

とある大学とパイロットプロジェクトの一環としてクラウド・アクセスデータベースのサプライヤー部品をレーザースキャンし使用するシステムを採用。工場では技術者にタブレットを持たせ、オーバーレイ表示して、部品の正確な寸法や問題ある部分を、自動的に掲示する。初期段階であるが、最終的な計画は、非常に正確なカメラを使用し部品データベースと直接リンクし、部品や組立をリアルタイムで分析することを可能にする。車に必要な基準を満たしているかどうかを検証する技術者にとっては大幅な時間を削ることができる。品質保証の問題の大部分は、ポルシェの部品生態における下請企業が重要な役割を果たしているのだと思う。

ARは数年前から様々なアプリケーションがあるが、消費者に対してとても身近に感じていることは確かである。ドイツのポルシェ工場では世界中の顧客と取引する前に、車両にARプログラムを取り入れ強化し、テスト走行の検査に合格させることを目標としている。

2016年10月1日追記
ポルシェはARアプリ開発企業Blipparと自動車メーカー広告代理店が提携して、スマートフォンのカメラで雑誌をスキャンし、ARホログラムポルシェ自動車を3D表示することを発表した。雑誌を購入した読者はBlipparアプリをダウンロードし、インタラクティブなポルシェが、ポップアップで表示されるとゴットタルド峠を走行し、718ボクスターのパフォーマンス機能を学習できる。

関連記事
ポルシェ718ボクスターが雑誌にARを採用。Blipparと自動車メーカー広告代理店が提携

引用元
Porsche Adopts Augmented Reality For Quality Assurance

ARニュース 自動車

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR管理人。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱はある人。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly