GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ポケモンGO、台湾でカビゴンをゲットしに公園に殺到する動画が話題に

 3723

これはリアルな世界なのか?アメリカのニュースメディアTimeによると2016年8月22日、台湾の北投区内でレアポケモン、カビゴンをゲットするため、交差点に人が密集し殺到したと公表した。

この動画はあるユーザーが2016年8月20日の土曜日にFacebook上でアップロードし一気に広がった。この後Youtubeへ投稿され、再生数は2016年8月21日にアップロードして2日にもかかわらず、すでに30万回以上の再生数を誇っている。

まるでテロリストから逃げているような、マラソン大会をしているかのような、エイリアンから侵略されているような超常的な現象の動画になっている。またポケモンGOアプリがどれだけのエンゲージメントがあるかが理解できる。

近隣地域から市民が結成した防衛隊と、警察と一般人が混じり合っている。この先にある公園は定期的なポケストップになっており、プレイヤーの過失が目立っている場所だ。台湾国内ではドライバーは運転しながらプレイするという社会現象を起こしている。

ポケモンゴー、台湾でリリース2日後、約350人のバイクドライバーが罰金

台湾、ポケモンゴーをプレイしながら運転するドライバーが1200人を突破

台湾メディアは、北投区にエキゾチックなポケモンが現れて、捕まえるために数千人のプレイヤーが毎日、走り回っているという言い方をしている。

ポケモンGOブームは、東南アジア諸国で多くの障害を引き起こしてきた。タイの首都、バンコクでは国家が事故防止する規制を発表したり、カンボジアではアンコールワットでのプレイを警戒している。

タイ、ポケモンゴーをプレイするにあたり事故防止する規制を発表

カンボジア当局、アンコールワットでポケモンGOをする観光客を警戒

人口密集地ではプレイを避け、安全な場所で歩かず、止まってにプレイをして欲しいと思う。

ARニュース
,