GET AR

世界を変えるARニュースメディア

PokemonGOで引火する、インドのAR市場予測

 1215

PokemonGOで引火する、インドのAR市場予測

インドでPokemonGOはまだ配信されていないが、AR市場は2000万人以上のアクティブユーザーがいるインフルエンザの前兆ともいえる。1人が流行り出せばもう1人と次々にユーザーが増加する傾向からウィルスのようだ。

需要

インドはアメリカを抜き、中国から2番目のスマートフォン向けの大きい市場である。インドのAR/VR市場は2016年~2021年の間に50%以上の成長であることが予測される。自動車のヘッドマウントディスプレイの浸透やPico projectorsのAR、様々な業界のAR&VR市場をけん引している。医療分野、娯楽、ゲーム業界のヘッドマウントディスプレイの需要が急増して成長してきた。5年間で軍の訓練目的のためのAR&VR製品での需要が主な要因であることが予想される。

デバイス

スマートフォン市場はAR/VRの新技術を構築するために作られている。インフラや、ネットワークセキュリティ、安全性や多様性もAR/VRに求められる。これらに関連するのはIT関連で世界の所持率が最も多い、スマートフォンが強力である。

狙い

不動産業界では3Dでオーバーレイ表示や、バーチャルで表示し、あたかもそこに在住しているかのようにみせ、購入を促す。教育ではBlipparと提携し学習体験をUPさせるために若者へARヘッドセットを提供。その他にライブストリーミングもある。その場でリアルタイムで体験させることで若者の育成に力を入れている。

Delta T

インドのハイデラバードに拠点を構える、Empower Labs社(以下エンパワー)はインド初のMMORPG(参加型オンラインゲーム)とARを融合したゲーム、Delta Tを配信した。いち早く市場を理解し、ARゲームを配信することで、AR業界の先駆者になることができるであろう。

臨場感あふれる世界戦争をテーマにしたゲーム。火星へ人類を移住し、人類の遺産を多く残す。オーガニック・インテリジェンスとマシンAIを組み合わせることで人間の新しい品種を製造する。無敵の遺伝子改変、スーパー適応変異体を作成するGENE-X。ナノテクノロジーを駆使してナノロボットを治癒する機械を生産。などといったSF世界を体験できる新しいARゲームだ。

Augmented Reality Mobile MMO Game

インタビュー

エンパワーの最高経営責任者は「MMORPGにおいては現実世界と拡張世界を統合し制作する。我々はユーザーが使用しているゲーム内にARコンテンツを配信したかった。最小限の投資で、世界中の数十億のユーザーを興奮させる画期的なARを提供する。」と述べている。

まとめ

人口が多い発展途上国にはITを活用することで町が活性化し経済も発展する、まさにインドは今から経済が急成長する国の一つである。PokemonGOの配信により徐々に知れ渡るようになり、AR自体も世界中に浸透してきたようだ。

Pokémon Go fuels India’s Augmented Reality market

ARゲーム ARニュース ARヘッドセット AR市場 Blippar MMORPG ポケモンGO 医療 教育 軍事

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR管理人。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱はある人。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly