GET AR

世界を変えるARニュースメディア

DribbbleにポケモンGOのイラストを投稿している世界のデザイナー15選

 5659

世界各国からデザイン、イラストが投稿されているサイトといえばDribbble。その中でポケモンGOのイラストを投稿をしているイラストレーター、UI/UXデザイナー他についてまとめた。可愛いデザインから恐怖を覚えるデザインまで多岐にわたり紹介する。

Rogie

Rogieさんの頭の上にピカチュウのハットがあるデザイン

米国、モンタナ州ヘレナ在住のモバイルウェブデザイナー兼イラストレーター。既婚者で2人の子どもに恵まれる。子供のころに見た、レトロなディスニー映画に憧れていて、それを元にデザインしている。またオンラインショップにて、イラストを販売している。好きな食べ物はホットソース、ベルギービール、強めのコーヒー、ハンバーガー。最近はCSSやJavascriptを学んでいる。ピカチュウのハットのようなものを被っているデザインは、いかにもディズニーが大好きな彼らしい作品。

Rogie

Nikita Melnikov

Nikitaさんが描いた、可愛いイラストGIFデザイン

ベラルーシ、マヒリョウのアートディレクター兼モーションデザイナー。主にアニメーションを投稿している。中でもポケモンアイコンのアニメーションは、どこの国からでも愛されそうなデザインだ。

Nikita Melnikov

Max Stasiuk

maxさんが製作したポケモンGOのアプリのデザイン

ウクライナ、キエフのWEB、UI/UXデザイナー。ナイアンティックから発注されていないが、ポケモンGOのプロジェクトページを制作。他たくさんのWEBデザインを投稿している。

Max Stasiuk

Alfrey Davilla

Alfreyさんが描いたポケモンのカビゴンのフラットデザイン

インドネシアのデザイナー。シンプルなフラットアイコンを得意とする。ポケモンのカビゴンとは違い、寝ていなく、少し前かがみになっている。

Alfrey Davilla | vaneltia

Justas Galaburda

Justasさんがデザインしたゼニガメのアイコン

リトアニア出身、iconutopia創業者で、ブログではアイコンデザイナーになりたいすべての人へ情報を提供している。またこだわりが強く、アイコンデザインではだれにも負けないと豪語。ゼニガメのアイコンを投稿以降、ポケモンGOのアイコンデザインを1週間制作すると発言している。

Justas Galaburda

chaiz

Chaizさんがデザインしたゼニガメとピカチュウのイラスト

中国のデザイナー。モンスターボールの中にゼニガメが入っていて、そこへ配管をつないで、蛇口を設置すると、水がでてくるようなイラスト。またピカチュウバージョンはピカチュウをスマートフォンの充電器に使っている。なんとも皮肉なのか、なにかのメッセージなのか考えさせられる作品。

chaiz

zfy

zfyさんがイラストしたポケモンカード

中国、北京市のデザイナー。カード式のデザインを得意とする。

zfy

Ivan Belikov

Ivanさんが描いた、恐怖を覚えるフシギダネのイラスト

ロシア、チェリャビンスクのイラストレーター。獣や羽のデザインを得意とする。自身の個展も開いていて、ロンドン、ブラジル、台湾などの雑誌に取り上げられたこと芸術家でもある。細い筆ペンで描く様は、さすがといえる仕上がり。普段なら可愛いフシギダネが、Ivan氏の手にかかるととても恐怖感が増す。

Ivan Belikov

Fuat Şanlı

Fuat ŞanlıさんがデザインしたBB-8とモンスターボールのイラスト

トルコ、イスタンブールのアートデザイナー兼UI/UXデザイナー。Mersin大学卒業後、Pure New Media、Alafortanfoni、Agency Lookに勤務。リアルテイストなものから、アイコンチックなものまで幅広く投稿している。「PB Go!」はスターウォーズに出てくるロボットBB-8と、かぶしている。とても見ごたえのあるデザイン。

Fuat Şanlı

Val Burtakov

Valさんが描いたやる気のなさそうなポケモンのイラストGIF

イスラエル、ハイファのデザイナー。スマートフォンを見ながら歩いているピカチュウがリザードに変わり、それがゼニガメに変わり、ピカチュウに戻る作品。どのポケモンとも、やる気のなさそうな目をしている。

Val Burtakov

Punkichi

PunkichiさんがデザインしたポケモンGOのアイコンイラスト

イラスト愛好家で、香港で独学でデザインを学び、ロンドンに拠点を置くプロダクトデザイナー兼UI/UXデザイナー。モーショングラフィックスに強い関心があり、2012年に友人と共同で会社を設立。香港のローカルストアを中心に、非商業的なプロジェクトを進行している。独自の思考でデザインしたピカチュウとポケモンGOのアイコンはUI/UXデザイナーらしい作品。

Punkichi

Philip Park

Philipさんが描いたモンスターボール、その他4匹のポケモンアイコン

ロサンゼルス、カリフォルニア州のタイポグラフィ、3D、モーショングラフィックスデザイナー。ポケモン初代のゼニガメ、フシギダネ、リザードとピカチュウとモンスターボールのデザインは、シンプルでありながら、綺麗な色合いをかもしだしている。

Philip Park

Nikhil yadav

Nikhilさんが描いた、メタモンがDribbbleイラストに変貌するデザイン

インド ルールキー大学を卒業後、Geek Gazetteでグラフィックデザイナーとして1年修行を積み、今はInformation Management GroupにてUI/UZデペロッパーとして活躍している。ポケモンのメタモンが、Dribbbleのロゴになる作品はとてもユーモアがある。

Nikihil yadav

ZGG

ZGGさんが描いた人間化したピカチュウ

中国の北京市のイラストレーター。中国らしいお面のデザインが多いなか、人間化したピカチュウがよっかかってモンスターボールを、自分の手の内で投げている作品が面白い。タイトルは「ピカチュウがあなたを待っている。」

ZGG

ildanflash

Iildanflashさんが描いた、ピカチュウがハットを被っている女性と、隣にDribbbleとHELLOの文字。

ロシアのマグニトゴルスクのデザイナー。DribbbleではポケモンGOに関するデザイン1つのみ、掲載している。今後の活躍を期待したい。

ildanflash

まとめ

世界各国のイラストレーター、デザイナー必見のサイトDribbble。洗練されたデザインは人の心をつかみ、決してロボットでは表現できない。デザインは人の心を豊かにすることだと思った今日この頃。

ARデザイン まとめ アート ポケモンGO
, , ,

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR営業マン。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱のある人。