GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Osterhout Design Group、ODG-R9のメガネ型ARスマートグラスの動画を公開

2017/01/05
 6265

米国サンフランシスコに拠点を置く企業Osterhout Design Group社(以下ODG)の最新プロトタイプである、ODG R-9を体験している動画をVR/AR/AIを専門に活動している、James Mackieが紹介している。

R-9は1080Pディスプレイとライトフィールドカメラ(高解像度センサーを有効活用し、三次元空間情報を取得)を搭載したシースルー型拡張現実(AR)スマートグラスで視野角は50度を確保できる。ODGスマートグラスの設計により、ユーザーに大きな視野角の提供が可能。また、VR体験もできる。

このスマートグラスはAndroidプロセッサやARMプロセッサ、多数のセンサーを搭載しているがHoloLensの前面のカメラのジェスチャーフレーム内にある手は認識できず、指の動きで入力できない。

ODGは2012年に、Microsoftから1億5000万ドルで多数の特許を購入している。

MSPoweruser
ODG R9 Augmented Reality Glasses impress (video)

関連記事
メガネ型ARスマートグラス開発企業ODG、5800万ドルを資金調達

ARスマートグラス開発企業ODG、中国大手企業と提携し進出

Osterhout Design Group
ODG

2017年1月5日追記
2017年1月3日、Qualcomm(クアルコム)の高機能な Snapdragon 835モバイルプロセッサを搭載する拡張現実(AR)スマートグラスを発表した。CES 2017で、R-8とR-9スマートグラスを展示する。

ODG、最新ARスマートグラスR-8、R-9を発表。Snapdragon 835プロセッサを搭載

ARニュース