GET AR

世界を変えるARニュースメディア

NolanとSonyが共同開発、新しいARスマートヘルメットN-Com ARXのコンセプトを発表

2017/03/08
 14021

Nolan社とSonyが共同で開発したARヘルメットの写真

オートバイ情報エンターテインメントにおける次の大きなステップが、ARスマートヘルメットによって示されることは、きわめて明らかだ。Skully社が開発を断念してから、オートバイ用ヘルメットを扱うイタリアの企業Nolan(以下ノーラン)とSony(以下ソニー)は11月のモーターサイクルショーEICMA(ミラノショー)で、新しいN-Com ARXのコンセプトを発表した。

関連記事
オートバイ用ARスマートヘルメットAR-1開発のSkully社、活動休止

N-Com ARXは、ノーランとソニーの共同開発プロジェクトによるARスマートヘルメットだ。ARの概念により、ライダーが道路から目を離すことなく、パラメータの情報を得られる。N-Com ARXのために特別に開発されたヘルメットには、光学式のモジュールの形で提供されるソニー独自の導波路ホログラム技術が組み込まれている。光学エンジンで生成された光を受け取り、着用者の目に仮想物体を投影する。

アクセスを容易にするために、N-Comの通信システムとソニー光学式モジュールが、特別に開発されたスマートフォンアプリによって指令される。音声の指示と組み合わされた、シースルーディスプレイ上で提供される有用な情報の範囲は、従来のゲージとダッシュボードディスプレイに比べて、ライダーが運転に集中できるようにする。

「この技術を実証するため、ノーランと共に働けることは、非常に喜んでいる。我々ソニーは常に市場の期待を超えることを目指しており、我々の導波路ホログラム技術は、着用者に新たなブランド体験をもたらすと確信している。この場合の着用者とは、オートバイのライダー達だ」ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社のSIG準備室統括部長として、導波路ホログラム技術の開発をリードしている武川洋氏は言った。

しかし、N-Com事業部長Claudio Corollo氏(カローロ氏)は、これはすぐに市場に出すことはできない技術であり、それよりもクライアントが将来的に期待するものの予告であると主張した。オープンソースプラットフォームを介して、N-Com ARXは、HUDアプリケーション開発の可能性を提供する。上手くいけばより多くの企業が、バイクとヘルメットの間に互換性のあるリンクを作成するだろう。

関連記事
オートバイ用ARスマートヘルメットLiveMapを開発したロシア企業、普及なるか

DCA Design、サイクリストの命を守るAR機能搭載スマートヘルメットを開発か

BMW、AR技術を駆使した自己制御型オートバイとARスマートグラスを公開

引用元
Nolan - Sony Collaboration Over Augmented Reality Helmet

ARニュース
,