GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARサバイバルホラーゲーム、Night Terrorsがindiegogoにて資金調達完了

2017/01/28
 18067

米国ラスベガスに構える企業、Novum社が制作中のサバイバルARホラーゲーム、Night Terrors(以下:『ナイト・テラース』)を制作中。資金調達サイトindiegogoにて4万ドルの調達額を達成しています。

Now This FutureのFacebookページ上で、3400万以上の再生数、47万シェア、15万件以上のいいねをもらっている『ナイト・テラース』は、全米期待のサバイバルARホラーゲーム。スマート端末の専用のアプリを起動しディスプレイ画面を壁や床にかざながら、自分の家や他施設を探索するゲームです。あたりが暗いときにプレイすることをオススメします。

サバイバルARホラーゲーム『ナイト・テラース』は全て1から製作・開発

サバイバルARホラーゲーム『ナイト・テラース』はすべて1から作った物理的な特殊効果を制作。コンピュータで生成されていません。使用しているスマート端末のライト、カメラを使用し、リアルタイムで処理され表示されます。すべての拡張現実(AR)要素をプレイヤーの環境内の要素と混合し反映。プレイヤーにはより現実世界の中で体験してもらうため、壁、天井、床にゴーストを配置するシステムを構築しました。フィルタリング、強度スキャンなどモバイルデバイス上でAR体験にふさわしい機能を使用しています。

音声とカメラ機能

音声はマイクフィードを分析します。声と空間をミックスさせヘッドフォンに出力。周囲の音とディスプレイがマッチングされて、よりリアルなARホラー体験ができます。

カメラ機能のライトを制御(付けたり、消したり、薄暗くしたり)し、要素と環境を読み込み、照明を使い分けることができ、より多くの恐怖を味わえることができます。

ジャイロセンサーは使わず、マッピングする

世にも恐ろしいモンスターや悪魔、幽霊他怪物をベストな位置に表示させるには、ユーザー環境をマッピングする必要があります。ジャイロセンサー(3次元空間の空間軸を中心とした回転の速度を検出)は使っていません。カメラ情報を取得し、家の中でARで現実世界を拡張し、サバイバルARホラーゲーム『ナイト・テラース』のプレイが可能になります。

深層データを作成し、アルゴリズム要素を与える

深層データを作成、アルゴリズム要素を与え、プレイヤーの位置を計算する組立をし、環境をマッピングし構築。プレイヤーがARホラーゲームであることを忘れ、息を呑むほど怖い体験を生成することができます。

サバイバルARホラーゲーム『ナイト・テラース』のプロジェクトについて

創設者兼CTOのミッチェル氏は「とても長い年月をかけ、このゲームの取り組みをしています。プロジェクトとして活動しているのは2年前の2014年。私達は常に日頃、どうやったら恐怖を人に植え付けることができるかを考えてきました。そこでARに出会い、ARの可能性はより良い需要と供給を与えるだろうと感じました。またスマートフォン所持のユーザーなら、誰でも体験できるものにしたいと思っています。資金調達サイトindiegogoという素晴らしいサイトを利用し、新しいゲームジャンルのサバイバルARホラーゲームを作成しました。私達が作ったものをお見せできることは、とても興奮しています」と述べています。

対応デバイスは全てのプラットフォーム上で動作

iPhone5, 5c, 5s, 6, 6plusは動作は確認されていますが、すべてのプラットフォーム上で動作し、ARホラーゲームをプレイすることを目指しているそうです。iOS, AndroidとWindows Phoneデバイスの実機をすべてテストし、動作させるように取り組んでいます。Android開発は、ハードウェアが構築できればWindows Phoneデバイスでの動作が可能。またApple watchを使用し、心拍数を測定することもできます。

ダウンロード日

ちょうどハロウィンの季節に間に合うように制作していて、今年2016年の10月、11月中にリリース予定です。アプリはAndroidとiOSでプレイが可能で、無料で利用できる。

indiegogo
Night Terrors - Augmented Reality Survival Horror

2016年11月5日追記
Night Terrorsを開発しているNovum社は、indiegogoにて46,732ドル以上の資金調達に成功しました。

2016年11月5日追記関連記事

2016年12月16日 追記
プレイヤーを仮想の世界そのものに置くVRとは異なり、ARは自身の過ごしている本当の現実世界に情報を添加して変化させるものです。つまりARでは別世界ではなく、自分の慣れ親しんだ自宅の中で何かが起こるのでVRより怖さがあります。

VRより、ARホラーゲームの方が怖い?慣れ親しんだ環境に情報を添加し、さらなる恐怖をもたらす

2017年1月18日 追記
Novum社はApp Storeに正式に公開した。ダウンロードしてプレイするには0.99ドルかかる。Android版はリリースされていません。

App Store
Night Terrors: The Beginning

開発企業
Novum | Applied Behavioral Analytics

AR iPhoneアプリ ARアプリ ARゲーム ARホラー indiegogo 資金調達
,

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR営業マン。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱のある人。