GET AR

世界を変えるARニュースメディア

子供用教育ARブランド上海Yangshu Wenhua、投資家や米国大手企業から3700万ドルの資金調達に成功

2017/01/14
 1267

子供のAR科学教育ブランドNeoBearを開発した、上海に拠点を構えるYangshu Wenhuaは、2016年10月25日、投資家から3700万ドルの資金調達したことを公表した。投資家の中では、米国に拠点を置くベンチャーキャピタルGGVキャピタル、移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業クアルコムと、中国の一部の投資家がいると、中国マネーネットワークは報道している。

Yangshu Wenhuaは2009年設立。2歳〜10歳の子供を対象とした対話型のスマートなハードウェアの拡張現実(AR)教育の製品や、子どもたちのAR科学教育ブランド、NeoBearARを開発している。

AR教育製品はポケット動物園、NeoBear漫画シリーズなどのARの絵本が主要。子どもたちはARが有効な環境で動物について勉強することができ、ポケット動物園は、今年の初めで1.5億セットを販売されている。

関連記事
Tangible Play社が開発した最先端の子供教育ARアプリ、Osmo

ARアプリZookazamを教育現場へ導入、子供たちの好奇心を駆り立てる

自閉症を持つ子どもへ教育の可能性を広げるARテクノロジー、PlayPointeのポップアップ絵本

ARイベントAugmented World Expo 2016 in ASIA、中国企業他・ブース12社まとめ

引用元
Chinese Augmented Reality Education Company Closes Funding Round

NeoBear
小熊尼奥系列官方网站

2017年1月14日追記
米スマートグラス開発企業、ODGは8億人ものユーザーを抱える中国移動通信の子会社、MIGU Video(以下ミグビデオ社)と提携し、スマートグラスを中国で展開する計画を立てている。

ARスマートグラス開発企業ODG、中国大手企業と提携し進出

ARニュース
,

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR営業マン。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱のある人。