GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Motorola CEO 「Moto ZにGoogle Tangoを搭載する可能性が高い」

2017/03/07
 2457

Moto Z

最初のGoogle Tango搭載のスマートフォンはLenovoブランドの元で販売されたが、TangoのアドオンモジュールはMoto Zフォンに出る可能性が高いと米国電子・通信機器製造企業Motorola(以下:モトローラ)のCEO、Aymar de Lencquesaingは述べた。

「Lenovoのタブレット担当者たちはファブレットの作業を始め、Googleチームと協働し、Google Tango搭載の大型スマートフォン(ファブレット)を作り上げた。将来的には、グループとして異端である製品とどう折り合いをつけるかを表明しなければならない。おそらく、Tangoの機能をZに持たせるために、Tangoモジュールを手にいれる可能性が高い」と彼は言う。

Google Tangoは室内をAR用にマッピングする上で役に立つカメラとソフトウェア技術の一式のことを指す。初めて販売されたTangoと互換性のあるスマートフォンはLenovo Phab 2 Proだ。一番最初の夏の発表から遅れ、最近中国や日本、アメリカで販売が始まった。

関連記事
Google AR技術Tango搭載のLenovo PHAB2 Proの3つの特徴

レノボ、Google Tango搭載のARスマートフォンPHAB2 Proを発売開始

Moto ZはAmazonで499.99ドルで販売されているが、こちらはMotoブランドの主力商品だ。こちらには「Moto Mod」というモジュールが使われ、アンドロイドのスマートフォンに光学ズームやポケットプロジェクター、そしてさらなる機能性を付与している。

Lenovoはモトローラを傘下に入れており、スマートフォン製品をMotoブランドに重点を置き始めている。モトローラが他社より目立つスマートフォンブランドであることを重視する限り、Tangoのようなものはブランドの考えにうまく合うだろう、とde Lencquesaingは述べる。

「スマートフォンへのARの活用は今後も残る技術だろう。もちろん、この分野での市場を我々も追いそしてリードする存在となる」と彼は話している。

引用元
Motorola CEO: Tango AR Probably Coming to Moto Z

ARニュース
, , ,