GET AR

世界を変えるARニュースメディア

【Google Tango】ARアプリLowe's Visionで、家具・インテリアを仮想配置

2017/03/07
 6587

Lowe'sのARアプリを使用して仮想の家具を確認している写真

米国企業の住宅リフォームと生活家電のチェーンLowe's Innovation Labs(以下ロウズ)は、CES 2015にて自ら「破壊的な革新」と称する2つの、家の修繕の未来に最初の一歩を踏み出した。

  1. ロウズの買い物客が必要なものを見つけるために役立つよう設計された、Autonomous Retail Service Robot, ARSR(自律リテールサービスロボット)。
  2. ユーザーが備品や仕上げを選択し、タブレット端末を傾けたり回したりして、部屋をどの方向からも確認できるHoloroom(ホロルーム)と呼ばれるAR体験。CESで、ロウズはOculus Riftに組み込まれた技術を示した。

バーチャルな家具・インテリアを部屋に配置できるGoole Tango搭載のスマホARアプリ、Lowe's Vision

Google Tangoを活用し、スマートフォンにAR体験をもたらす

CE Pro編集者Julie Jacobson氏(ヤコブソン氏)は、その体験について「ARアプリはどうしたのか?なぜ、もっとシンプルなアプリにロボットとホログラム機能を実装して、地元にあるロウズの店舗に結び付けないのか?」と、このように書いた。

結果として、ロウズは彼女の言葉の通りのことを成した。ホームセンターチェーンがリリースしたアプリLowe's Vision(以下ロウズ・ビジョン)では、ARを通して家具や備品、家電製品を視覚化し、顧客の自宅に置くことを可能にする。事実上プロジェクトを開始する前でさえ、アイテムの大小に関わらず、仮想的に部屋に配置できる。

アプリは、Googleのコンピュータビジョンソフトウェア技術を生かしたGoogle Tangoを使用し、スマートフォンにAR体験をもたらす。ロウズ・ビジョンはGoogle Playで提供されており、Tango対応の大型スマートフォンLenovo Phab 2 Proで起動する。ロウズは2016年12月初旬に、店舗で使用可能な状態にし消費者に試してもらうことを目的としている。

Google Tango搭載のスマホで、製品がスペースに収まるかどうか、色合いまで確認できる

Tangoは基本的に、周囲を感知して位置づけるセンサーとコンピュータビジョン・ソフトウェアが組み合わされている。Tangoの深度センサーで空間を計測し、新製品が既存のスペースでどのように機能するかを視覚化。リビングルームの堅木の床の色合いがどのように見えるか、発想を提供する。この技術で、家具などが本当にスペースに収まるかどうかという懸念を、確かめることが可能だ。

Tangoはこれまで、ゲームや教育目的のためにも使用されてきた。ロウズは、インテリアデザイナーやDIYを楽しむ人だけではなく、自宅に家具を置いた場合のイメージを持てるような仮想のリフォーム体験を顧客に提供したいと考えている人にも、現実世界のソリューションを与える。

関連記事
世界初!リビングスタイルがGoogle Tangoに対応したARアプリを大塚家具へ提供

【CEATEC2016 イベント】Google Tango搭載のスマホでインテリア家具配置ARアプリデモを体験レポート

【Google Tango】購入前に家具をテスト配置できるARアプリWayfair View

Google Tango搭載のARアプリLowe's Visionの特長

  • Power Measure(パワー計測)世界で最もハイテクなデジタルなメジャーで、部屋の寸法や他のインテリア空間、表面の測定を、迅速かつ直感的に行える。
  • 3D Designer(3Dデザイナー)ロウズの仮想ライブラリからアイテムを選択し、リアルタイムで部屋に配置できる。室内のスペースをプレビュー。
  • Save, Snap & Share(保存、撮影、共有)完璧な空間をデザインした後、保存して、友達や専門的な請負業者と写真を共有。
  • Shopping Lists and Reviews(買い物リストとレビュー)共有可能な買い物リストを作成し、ロウズの個人アカウントに保存できる。レビュー、関連項目やプロモーションなど、追加の製品情報を検索。

スマートフォンをデジタルツールへと変革させるための一歩

ロウズ専務取締役Kyle Nel氏(ネル氏)は「ロウズ・ビジョンとTangoは、我々の顧客に、自宅をより良くする完成されたプロジェクトを視覚化するための障壁を取り除くことに、一歩近づいた。Tangoはスマートフォンを、顧客が自宅を計測しスタイルを決めることを援助するデジタルツールへと変革させる」と、述べている。

関連記事
ジェローム社、部屋に家具を設置できるARアプリ、Cimagine3Dをリリース

Google Tango搭載のAR家具配置アプリ開発企業、リビングスタイルCOO坂本氏とCTO園田氏へインタビュー

引用元
Lowe's Vision — Lowe's Innovation Lab

Android App
Lowe’s Vision

AR Androidアプリ ARアプリ
, , ,