GET AR

世界を変えるARニュースメディア

体の臓器が見れる?AR TシャツVirtuali-Tee、Curiscope社が開発

2016/11/05
 4909

Virtuali社が開発、体の臓器が見れる?ARを活用したTシャツが面白い!

イギリス、ロンドンに構える企業、Curiscope社は近い将来、医師がARを介して患者の内部を観察し、病気の診断が可能になると発表した。実際に見ることは現在の技術ではできないが、その前兆として、人体の内部をTシャツを通して3D表示できる。価格はTシャツのみだと18ドルから、VRヘッドセット1つにTシャツ1枚で55ドルからで購入でき、アプリは無料でダウンロードできる。

調達金額は70,000ドル

Kickstarterで資金を募集していた、ARを利用したTシャツはARアプリを介して見たとき、Tシャツの一部が仮想内臓として表示される。まるで生きているかのように見えとても立体的である。ソフトウェアとTシャツは別売りだ。Kickstarterでは70,000ドルを目標に資金調達を呼びかけた。最終的には1581人の支援者が集まり、74,500ドル以上の金額を調達した。

教材として使用でき、医療や解剖学にも利用できる

タブレットをTシャツへかざすと体の内臓が閲覧できる。タブレットをTシャツへかざすと体の内臓が閲覧できる。(出展:Kickstarter)

仮想臓器は見ているだけで楽しい。医療、解剖学のような関係にも利用でき、教育関連だと教材にも手軽に使用できる。iPhoneなどのiOSまたは各種Androidスマートフォン、タブレットで体の内部を観察が可能になる。より詳細を閲覧するには、VRヘッドセットを使用して体の内側に入り込んだような没入感が得られ、血流、白血球、赤血球の流れ、臓器の動きや人体解剖学などを勉強することもできる。

まとめ

Tシャツを通して臓器を見ることができるという新しい開発で話題になったCuriscope社。VRヘッドセットを買わずにアプリとTシャツのみでも体の中を観察でき、最低限のコストでとても実用的で学びやすいと感じた。数々の企業が医療系のARに参加する中、医学を進歩させ、人々を救うものになることは間違いないだろう。

Kickstarter
Virtuali-Tee: The Ultimate Way to Learn About the Body!

関連記事

ARニュース