GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Google AR技術Tangoを搭載したLenovoのスマホ、中国で2016年10月にローンチ

 3064

Lenovo製Google Tangoを使って部屋にベッドを置く写真

世界最大手パソコンメーカーのLenovoグループ株式会社は、2016年10月に中国北京にて、GoogleのAR技術Tango搭載のスマートフォンをローンチすると発表した。北京に本社を置く、レノボ社の楊元慶(以下ヤン氏)CEO兼会長は2016年9月3日の土曜日に、スマートフォン以外の付属品を必要とせず、アプリをホストするスマートフォンPhab 2 Proで、消費者に新しいインタラクティブな体験をさせることを、新しいビジネスモデルとして確立する。

Google Tangoプロジェクトは、AR技術を活用し、ユーザーが現実世界のテーブルの上に仮想ドミノを再生したり、ユーザーのリビングルームにデジタルロボットを撮影することができる。

ヤン氏は浙江省の杭州で、2016年9月4日に開催されたB20サミットで、「このプロジェクトは、技術とビジネスモデルの革新が成長するための新しい素材の一部である。人々の生活や仕事を変えるには、最先端のテクノロジーを活用する」と述べている。

ヤン氏は、Moto Z modularハンドセットを披露している。予備のモバイルバッテリーやスピーカー、プロジェクターを含む追加機器も開発中。ヤン氏曰く「それらの機器は、今までにないパワーを持っている」と語っている。

Lenovoはライバル企業のHuawei Technologies社や、Oppo Electronics社などが失っている市場シェアを獲得する目的だ。

「スマートフォンは、既存のスマートフォン上(アプリなど)で漸進的な改善はできない。このプロジェクトはスマートフォンの画面上の現実を拡張させ、それをブレなく表示させる。スマートフォンの市場だけでなく、テクノロジーも進展するだろう」とヤン氏は話している。

関連記事
サンノゼ国際空港がGoogleのAR技術Tangoを活用。3Dマップで空港内を快適な空間に

China Daily
Lenovo to launch an augmented-reality smartphone in China

ARニュース Google Tango
,

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR営業マン。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱のある人。