GET AR

世界を変えるARニュースメディア

2016年マーケティング戦略に必携のARモバイル広告ツール導入事例3選

 2338

タブレットでビル近辺をAR表示している写真

最新の文化的な現象はポケモンGOがAR技術でマーケティング責任者達の意識の頂点を沸き立たせているということだ。ARの成功例を繰り返し見ると、ARが自分のブランドにも最適なのではないかと考えさせられる。特にもしその会社がより若い消費者およびミレニアル世代(訳注:1980年前後から2000年代前半に生まれた世代。いわゆるデジタルネイティブ)の一瞬の注目を得ようとしているならば。携帯ゲームアプリは別として、年間を通したモバイルマーケティングの目標にARあるいはVRを組み込むことを多くのメジャーブランドが既に始めている。

関連記事
ショッピング、Eコマースなどに もたらす3つのAR小売マーケティング

小売業界マーケティングとAR:Layarが販売戦略のコンセプトを公開

イギリス大手百貨店、小売マーケティングにLayar ARを活用し業績アップ

1, モバイルに精通したRovio

この春公開された映画『アングリーバード』(訳注:日本公開日は2016年10月1日)の大ヒットを祝うために、マクドナルドはモバイルゲームのファンにスマートフォンをビッグマックの箱など様々なメニューのパッケージに表示されているコードをスキャンするために使用することを推奨した。

Rovioは、ARミニゲームを起動し個人のモバイル機器に、Angry Birdsのキャラクターを出現させるAngry Birds Action!アプリをリリースした。これはAngry Birdsのオリジナルゲームの世界的な需要を十分に利用しているだけではなく、相対的に垣根を下げることで、消費者にAR体験を可能にした。ゲームをプレイするには課金や、追加アプリのダウンロードも必要も無く、提携している企業の商品を購入しスキャンするとアイテムがもらえたり、ボーナスチャレンジができる。この大きなマーケティング活動はAR分野に由来する思いがけない新しい体験のほうへ動いている。

モバイル分野における先導者として、RovioはARスキャン機能に特化した企業Zapparと提携し、ARアプリを世に放ったことで、フードおよび飲料系ブランドあるいは小売業界は製品販売の促進している。消費者が商品を購入する心を揺さぶることができた。

関連記事
Rovio、Zapparと提携しBirdCodesとAngry Birds Action! ARアプリをリリース

2, MLBのモバイルホームラン

MLB(訳注:大リーグ野球)は最近VRへ進出しマーケティング責任者がより体験的な切り口で最新のモバイルテクノロジーの利益を得られる方法を明らかにしている。その企業はゲーム好きのための特別なVR体験をつくる事によって球場アプリのダウンロードを促進しようとつとめた。球場内での動作上でカードボードビューワを利用できるようにしたのだ。VR映像は選手たちが試合の準備をしているフィルム映像に加えてグラウンドを離れたルーティン全体を見ることや打席に立てることを可能にした。その映像は球場内部での直物買いを促進するためにはデザインされていなかった一方、平面映像や写真では首位を占めることが難しい方法で参加者の体験を向上させることができたのである。MLBの例は体験を売ることに、一層注目するマーケティング責任者はモバイルマーケティングの聖杯をARで解錠できるだろということを証明している。

関連記事
NFL、NBA、MLB、NHLでAR(拡張現実)を使用したプロスポーツの将来は?

3, その他の導入例

ARとVRが物理的な商品購入へのアドオンとして確実に活用されうる一方、それらのベストな導入のいくつかは実体験に対してそれを補足し活性化するという形で干渉する。もしあるブランドが未だにVRへの投資がベストな投資利益率を導くかどうか不安であるならば、ほかの類似の選択が可能だ。

360°映像の到来は消費者にとって完全没入型の鑑賞体験をするためにはカードボードビューワやお洒落なVRヘッドセットは必要ないということをマーケティング責任者に示している。

例えばMeredith Corporation(メレディス・コーポレーション)やHuffington Post(ハフィントン・ポスト)といったような大きな出版社でさえ、360°映像の流行に乗りたいと考慮している。

その技術はリゾート地や現地の魅力を誇示したい接客ブランドや旅行ブランドの間でも大流行する可能性も視野にいれておこう。

もしHilton hotel(以下ヒルトン・ホテル)への宿泊を考えている消費者がその土地や部屋やプールの360°映像展示を楽しめることができたら、サイトに静止画があるだけや映像の無い競合企業よりもヒルトン・ホテルに宿泊の予約をしようとする人の方が多いだろう。

転載元
Is Augmented Reality Right for Your Brand?

マーケティング
, , ,

大学院生物科を中退し、現在は翻訳の勉強をしています。子供の頃アニメ電脳コイルを観てからAR技術に興味を持ち今に至ります。AR大好き。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly