GET AR

世界を変えるARニュースメディア

InfinityARの画期的なARスマートグラスを体験してみよう

2016/12/09
 1994

InfinityARの画期的なARメガネを体験してみよう

想像してみて欲しい。もし、携帯やテレビ、カーナビゲーションシステムなどの機能を、どこにいても実物に触れることなく簡単に使う事が出来たなら?しかも、ただメガネをかけるだけでその全てが叶うとしたら?あなたはどう感じるだろうか。日常生活がとても便利なものになるだろうと胸を高鳴らせた人もいれば、SFでもあるまいしそんなことは夢物語だ…と考えた人もいるかもしれない。

そこで、この映像をご覧頂きたい。これは、 Infinity ARという製品のプロモーションビデオだ。なんと、イスラエルのスマートグラス開発企業のARを活用した、多機能型メガネ(ARスマートグラス)がそう遠くない未来に実用化される可能性を示唆している。のだ。

日常生活で欠かせない画期的なメガネInfinityARの開発しているスマートグラス

InfinityARのスマートグラスで窓の外の景色を撮影して天気をチェック

さっそく、このメガネを着用して過ごす男性の一日を追ってみよう。まず、起床した男性が窓を見ながら、メガネをかける。そして、カメラ機能を利用して窓の外の景色を撮影すると、その後に天気予報をチェックする。その日の気温や、降水確率までしっかりと表示されているのが見て取れる。次に男性が雑誌を開くと、そこに映っている写真が浮かび上がり、映像として動き出した。お分かりの事と思うが、彼は、我々がテレビや新聞を観ながら確認する情報を、このメガネのみで得ている。のだ。

InfinityARのスマートグラスで洋服のコーディネートのシミュレーション

驚くのはまだ早い。男性が今日の服装を選ぼうと、画面上に映し出された彼自身でコーディネートのシミュレーションをしている。服の交換も容易であり、もちろんどの角度からでも見る事が可能だ。

InfinityARのスマートグラスで車の行先を表示

さて、男性は外出し、車に乗ろうとしている。男性が車に口頭で指示を出すと、車がオープンカーに形を変えた。そして、行き先を口に出すと、その場所に至るまでの所要時間までが提示された。画面右上にはナビゲーションが表示されるうえ、運転中に危険と思しき部分には、注意喚起を促す表示がされている。のが分かる。

InfinityARのスマートグラスは娯楽、スポーツにも利用可能

その後、ビリヤードに興じる男性だが、もちろんここでもメガネの性能が発揮されている。ボールの軌道や、力加減などを指示してくれる。のだ。更に帰宅後にはエアロバイクに乗る彼は、ただ単に運動しているだけではなく、メガネを通してゲームをしながら体を鍛えている訳なのだ。

一日の終わりに、メガネでスポーツチャンネルを観ながら、女性とチャットを楽しむ男性。口頭で伝えたものがそのまま文字情報に変換されるため、打ち込む動作も不要だ。

InfinityARのスマートグラスを活用するとしたら

いかがだろうか。驚くような機能が多数搭載されていることが、よく分かる映像だ。特にファッションを確かめる機能については、近頃では、自分に合う洋服を選んでくれたり色の確認ができたりするデジタルコンテンツやアプリも続々と登場しているが、これは更にその上をいくものだ。と言えるだろう。

ただ、少々気になる点もある。もし仮にこのメガネを使用しながら生活を送る事が当たり前になったとして、メガネなしでは生活できなくなってしまう。という事はないだろうか。特に運転中の場面などは、止まりそうな前方の車を追い越す車線の指示までがされる場面があった。思うに、そのような細かい点については、我々自身が判断すればよい。のではないだろうか。

とはいえ、Infinity AR が大きな可能性を秘めていることも確かだ。医療現場での演習や、ファッション業界でのコーディネート提案など、より広い分野での活用も期待できる製品になる。だ。

まとめ

どのような便利な存在も、便利であればあるほどに、我々の使い方が試されるものでもある。このような画期的な製品の誕生はとても喜ばしく、そして同時に我々の在り方も考えさせてくれる。ARの今後に注目していきたい。

2016年12月9日追記
中国大手コマースリーディングカンパニーAlibaba(以下アリババ)は、イスラエルを拠点とするInfinityARに1800万ドル投資をしている。

アリババ、スマートグラス開発企業InfinityARに1800万ドルを投資

ARスマートグラス

ライティング修行中。様々な可能性を秘めたARとの関わり方を考えています。ARの発展と共に、この社会がより良くなっていく事を期待しています。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly