GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ILLUSIO、医療ARアプリで豊胸手術後の明確なイメージを患者に提供

 1267

医者と手術前の患者がipadを見ている様子の写真

最新の3D・医療AR技術を活用しているILLUSIO社(以下:ILLUSIO)は2016年10月某日、患者の胸部を、実際の彼女の顔や身体の他の部位に融合させて映し出し、iPadを仮想の鏡のように患者は現在の自身の姿と、手術後に予想される姿をリアルタイムで確認できるARアプリを開発した。患者が豊胸手術後にどのような体型に見えるかを確認できることで、胸部のサイズや手術結果への不安が減少するため、より満足度の高い手術を行うことが可能になる。

豊胸手術を受ける患者にとってのメリット

バーチャルな鏡を見ているかのように、事前に確認できる

患者の豊胸手術後の体型がどのように見えるのか、正確な画像を提供するために、ILLUSIOは最新のAR技術を活用している。患者は、手術の結果に失望する必要はない。どのような手術が患者にとって正しいか決めるために、プロセス上の推測などの不確定な不安要素を取り除くため、信頼できる手術方法を選べる。

未来の姿を見ることが可能

様々なサイズと種類の移植片のサンプルがあるので、患者はどのような胸部を目指すのか、いくつかのオプションを検討できる。ILLUSIOがあることで、患者の身体に施す各オプションを、外科医と共に評価することが可能。もし実際に動くとどのように見えるのか、どんな方向からでも確認できる。胸部だけではなく、顔と身体すべてを映像に融合させるので、どの程度の胸部なら一番身体全体ににフィットするかを見ることが可能。

自宅でも、配偶者や友人とイメージを共有

豊胸手術は大きな決断であり、患者のために適切な外観を決定するためには時間が必要かもしれない。ILLUSIOは柔軟性のあるアプリ体験で、患者の自宅でのプライバシーに対応する。ILLUSIOを活用した患者は、配偶者や友人と自分との間のイメージを共有したことで、自分に合う外観を決めるための助けになったと言っている。

利用者の声

「もっと早くILLUSIOに出会っていれば、余計な時間を費やさずに済んだ。」

「私はインターネットで、自分に似ている体型の女性が受けた豊胸手術の画像を検索して、自分の手術後の姿を予想することに時間を使っていて、非常に疲れ果てる作業だった。ILLUSIOは、自分の体型に合う胸部を確認するためにはとても便利。もっと早くにILLUSIOに出会っていれば、画像を検索するために余計な時間を費やさずに済んだのに、と思っている。」

「自分の求める結果と、意思決定に、自信を持たせてくれた。」

「私の身体にはCカップが合うのか、Dカップが合うのか、不確かだった。ILLUSIOで、違うサイズの胸部の違いを見比べることが可能なので、自分が求めていたサイズを決めることができた。ILLUSIOは、決定に自信を持たせてくれた。」

豊胸手術を施す医者にとってのメリット

非常に正確な、最先端のAR技術

360°撮影システムで、患者の胸部に施すオプションの正確な画像を表示。AR技術は非常に正確で、それぞれの患者に個人的に対応できる。他の手術にも使用でき、患者の満足度を高め、より練習を重ねることができる。

シンプルなシステムで、患者と手術に時間を節約

ILLUSIOは洗練されたARソリューションを提供するからといって、複雑ではない。実際、ILLUSIOはオフィスの小スペースで使用でき、大きな機材やハードウェアを必要とせず、必要なのは、iPadもしくはAndroidタブレット、そしてスタンドだけ。患者に必要なすべての利点を提供する。

システムが迅速で、使いやすい

管理に5分未満、患者の手順のために10~15分の時間を要する。待ち時間や遅延に影響しない。待ち時間が少ないからこそ、患者の不安を抑制したり、彼らが何を気にしているのかをコントロールしたり、より多くの手術をこなせる。

30人以上の患者のサンプルから集めた声

  • 100%の患者は、医師がILLUSIOシステムのセットアップに掛かった時間が10分以下、実際の動きと連動して色々な方向から身体を見ることができるシステムが重要と述べた。
  • 90%の患者は、豊胸手術の決定を容易にするために有用だと述べた。

まとめ

特に美容整形手術では、手術前に持っている自己イメージと、手術後の実際の結果との間に、差異が少ないことが最も望まれる。AR技術を活用することで、後悔のない選択ができるようになれば、医師と患者どちらにとっても満足のいく手術が可能になる。

関連記事
香港の外科医がARソフトウェアを手術に活用、医療の問題解決を目指す

肝臓の病が進行する様子を観察できる、医療系ARアプリのデモムービー

3D4Medicalの解剖学を進化させる医療ARアプリ、Project Esper

ARゲームアプリSpellBound、米国の州とリハビリ医療が子ども達の未来を担う

香港の外科医がARソフトウェアを手術に活用、医療の問題解決を目指す

Google Glass、救急医療現場でより正確な治療や判断を可能に

HP
ILLUSIO

ARアプリ 医療
,

ライティング修行中。様々な可能性を秘めたARとの関わり方を考えています。ARの発展と共に、この社会がより良くなっていく事を期待しています。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly