GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ショッピング、Eコマースなどに もたらす3つのAR小売マーケティング

 2681

Augmentを使ってタブレットに住居の模型を表示している写真

デジタル時代は顧客に上手に直接売り込む新しい業者を数多誕生させた。このようなトレンドは、実際の店舗販売でまだまだバイヤーは様々な特権を得ているとしても、実際の店舗との競争を始めてしまった。小売業者がオンライン、オフラインの両方を結びつける顧客の買い物体験を作り出すことに力を注ぎ始めたため、技術は両方のチャネルを通してバイヤーを関与させるのに不可欠になってきている。

製品情報管理、在庫同期と注文管理などのクラウドベースのアプリケーションを提供しているN Channel社は「デジタルでの買い物は実店舗で使われる1ドルのうち36セントを占めている」と述べている。

オンラインショッピングのメリットは消費者にとってますます大きくなっている。オンラインチャネルはお客を自社の実店舗に誘導する大きな媒体でもある。オンラインで買い物する一人の客として、あなたはさまざまな高級品を体験できる。幾つかある特徴の中で特に、商品レビュー、支払いサービス、商品構成は注目される特徴だ。

デジタルメディアと店舗内マーケティングが連携して互いに結びついた顧客の買い物体験を作り出さなければならないことから、ARのような技術により、小売業者はより個人によりそった、双方向的体験を提供できるようになっている。これは私たちが買い物をする方法を永遠に変えてしまうだろう。

関連記事
イギリス大手百貨店、小売マーケティングにLayar ARを活用し業績アップ

小売業界マーケティングとAR:Layarが販売戦略のコンセプトを公開

バイヤーのオンラインショッピング顧客動向調査に革命を起こす

顧客が1つのチャネルから始めて結局別のチャネルで品物を買っておしまい、というのは珍しくない。真の多方向チャネルによる小売アプローチは、すべてのメディアでスムーズに楽しめる顧客の買い物体験を作り出すことである。この点からいうと、この技術はPOSシステムやソーシャルメディア経由以外の販売方法とのギャップを埋めるのに一役買っている。

スケジュール管理ソフトウェアを、産業分野を問わずあらゆる企業に提供しているTimeTradeによれば、71%の人々は、最寄にあるなら実店舗で買い物したいといっている。ARは商品のビジュアル化によりこのギャップを埋めるのに役立っている。

関連記事
もし、オンラインショッピングサイトJet.comがARを使っていたら

AR対応Eコマースとモバイルアプリの利用

ARは実際の環境の中で仮想商品を見ることを可能にする。そして、ARをEコマースポータルに統合すれば、お客はほしい物を実際に買う前に確認できるようにすることで、顧客の買い物の仕方は速やかに変わっていく。

AR対応のモバイルアプリを使用すれば、お客は購入を検討したい家具を選択し、それが自宅でどのように見えるかを確認が可能に。ARアプリはモバイルカメラを使ってどのような部屋でも取り込み、サイズを調整し、お客が選んだ商品を買うかどうかを決める前に目の前で確認できるようにする。

先見の明のあるブランドはバイヤーのデジタル顧客動向調査を通して特定したお客の悩みの種(ペインポイント)を十分に利用している。Eコマースの将来は、実店舗がオンラインショッピング体験の要素を取り入れるのと同じように、店内ショッピング体験をますます取り入れることになるだろう。

顧客を魅了するツールとして、ARの活用

オンラインショッピングの中でもARのアプリは際立っており、先見の明のある小売業者たちにしっかり影響を与えている。しかし、これはまもなく店舗内の販売にも価値あるものとなるだろう。ARはデジタル体験と現実の店舗内商品をなんとか融合させてきた。そして売り上げを上昇させる、顧客を魅了する要素を刺激してきた。

消費者マインドは廃棄された購入品の裏に潜む大きな要因の一つだ。ARは店舗内での買い物に関して解決に向き合っている。ARを取り入れているブランドはパッケージの外側をAR表示で見ることが可能。つまり、買い物客は商品パッケージをスキャンすれば、じっくり考える必要もなく中に収められているものを簡単に見ることができるのだ。

プラスチック製の組み立てブロックの玩具を提供している玩具会社Lego社は、AR対応のキオスクと商品ボックスを世界各地の自社製品販売店に導入しようとしている。お客はこのキオスクを使って、購入を検討中のレゴキットの箱をスキャンすることができる。さらに、子供たちに完成した商品がどんな風に見えるか、3Dでまさにそのまま見せることが可能になるのだ。

今日の消費者は実店舗、オンラインショップあるいはモバイルショップ、もしくはソーシャルメディアを通してブランドに関わることができる。これらの体験はすべて一貫しており、お互いの延長上になければならない。本物の多方向チャネルによる小売側の体験はオンラインでもオフラインでも魅力的なバイヤーの顧客動向調査を取り入れるもの。ARと小売業者との関係はこれから成熟していくため、ARはプロセスのあらゆる段階に影響を与えるだろう。

Augmentは法人向けARソリューションで、企業が小売商品をオンラインおよびオフラインでビジュアライズするお手伝いをしています。

転載元
How AR is Merging the Retail Experience

AR技術・テクノロジー
,