GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Holovis AttractionsのAR技術はどのような可能性を掲示したのか?

2017/01/14
 2033

AR/VR技術を一般向けにわかりやすく紹介するとなるとサブカルチャー、特にゲーム絡みで紹介するのが最適な答えの一つだ。イギリス企業Holovis Internationalの一部門のHolovis Attractionsが自社の拡張現実(AR)技術を駆使したアトラクションに関しての動画を挙げている。CEOのスチュアート・ヘザーリントン氏へのインタビューも一緒に。

Holovis Attractionsの拡張現実(AR)技術の可能性

Holovis Attractionsの拡張現実(AR)技術を駆使したアトラクション達

実はこれらの技術を駆使したアトラクションというのはだいぶ前から存在していた。しかし、近年になって更なる技術の発展、それらを促進する技術の発展によって体感型娯楽アトラクションは更なる先が掲示されたと見ていいだろう。

近年、携帯端末の技術は目覚ましく進化を遂げた。実はAR技術もそれらの発展に引きずられるように発展、もしくは新しい発想が生まれていった。今回の動画では、ただの何も無い会場が、AR技術を駆使して様々なアトラクションと化す様子が映し出されている。何も無い場所を携帯端末を通して見れば、ゾンビが闊歩し怪物が暴れ、特殊部隊が暴れる世界だ。それらの世界の動きはというと実際の人間達の動きに合わせて様々な変化を持ち出すという寸法だ。非常に新鮮に感じた所として、携帯端末で会場全体の、AR技術で「拡張」された「現実」を地図として見れるという点は凄いと感じた。

他にも、空間をぶち破って登場した怪獣が現実の人間を襲うような動画が。これらはみんなAR技術の一つであり、可能性は十分に魅せる事が出来ていると思う。

Holovis Attractionsの拡張現実(AR)技術は、発展途上ではあるが・・・

動画には、それだけでなく更に様々なアトラクションの映像が映っている。中には前から何処かで見たような物から「なんだこれは!?」と言うような謎の映像まで映っている。率直な感想を言えば、新しい技術、新しい発想等は確かに見る事が出来るが、まだまだ「完全な」まだ体験した事の無いアトラクションという訳にはいかないようだ。

しかしながら、前の項で述べたような拡張現実を駆使した地図など、全く新しい部分も見る事が出来、可能性は垣間見えたのではないだろうか?

Holovis Attractionsの拡張現実(AR)技術 まとめ

技術を何を知らない人間に向かって紹介する際は、わかりやすく理解しやすいようにした方が良い。特に専門的な知識を必要とする技術においてはなおさらだ。その手段として、ゲームやアトラクションが昔から使用されてきた。VR技術やAR技術においては、それらとの相性が良いという事もあった。今回の動画を見ると分るようにそこに携帯端末という新しい表現方法が組み込まれた。新しい三つ目の表現方法、掲示方法が増えて更に可能性が増えたと見ていいだろう。更なるAR技術の可能性と発展から目が離せない。

AR技術・テクノロジー