GET AR

世界を変えるARニュースメディア

HoloTube・HoloLens Helper・Holo Blocksが面白い!

2017/01/12
 869

Windowsに特化したメディア企業windowscentralが某日、HoloLensに関する新たな3つのアプリのレビュー動画を公開した。動画を鑑賞できるHolo Tube・バッテリーやWi-Fiの接続状況の確認ができるHoloLens Helper・そして3Dモデルのブロックを積み重ねて遊べるHolo Blocksの3つだ。

HoloTube・HoloLens Helper・Holo Blocksの紹介

HoloLensを使用した動画共有アプリ、Holo Tube

HoloLensで使用できる動画共有アプリとしては、初めてのものだ。3Dホログラフィックのウィンドウを直接投影して映し出すため、とても大きなテレビを観ているかのように見えやすい。なおかつウィンドウのサイズを変更することも可能なのだという。360VIDEOというものも紹介されているが、画質自体はそれほど優れてはいない。ただ、動画を再生した際にHoloLensの高い性能を感じられるという意味では、実に素晴らしいものだ。

カーソルを動画の上に乗せると、一時停止・戻るボタンが表示される。多くの動画ポータルサイトと遜色なく、非常に使いやすいシステムだ。

HoloLensを使ってWiFi接続状況などを表示する、HoloLens Helper

映像を見ると分かるように、バッテリーと容量の残量、Wi-Fi接続状況とIPアドレスなどが表示されている。HoloLensを使用する上で留意しておきたい管理情報が、一目で把握できるシステムなのだ。重要な情報をすぐに得られるという意味ではとても便利なアプリだと言えるだろう。

HoloLensを使った3Dブロックゲーム、Holo Blocks

アメリカワシントン州に拠点を置く、Deck Twelveが制作。レビューされたアプリの中では、最も娯楽性に富んだものではないだろうか。まずアプリを起動すると、現実空間がスキャンされる。すると、create modify(3Dモデルを創る)というロゴが表示される。ロゴには、円や三角形などが描かれた様々なボタンがついており、それを押すとカラフルな3Dモデルのブロックが次々と創り出されるアプリなのだ。色とりどりのブロックの可愛らしさから、幼い子どもが遊ぶ積み木を連想させる。

ブロックは、現実空間に飛ばしたりして、遊ぶことができる。片付ける際も、ボタンを押せばすぐに消去することができ、手軽だ。

長所は仮想オブジェクトにも関わらず、ブロックがまるで実在するかのようにクリアに表示されている点だ。積み木を創ったり宙に浮かせたりする一連のシステムは、一見単純そうに見える。しかし実のところ、高度なAR技術で実現されているのが分かることだろう。

HoloLensの操作方法

映像の中でレビュアーが、HoloLensを操作する際に、指先に楕円形の機器を装着しているのが見て取れる。これはHoloLens Clickerというもので、Bluetoothに接続して使用するコントローラーだ。USB接続で充電も可能で、バッテリーは2週間ほど持続する。

HoloLensを使用する為にはいくつか特定のハンドジェスチャーがあるが、このコントローラーでは、画面のclickとscrollができる。Holo Tubeなどで動画を再生する際には、やはりclickを多用するため、コントローラーを使うことでより快適に使用できるのだろう。

まとめ

HoloLens、そしてARを下支えする技術が日々進化していることが、よく分かるレビューだ。このたび新たにHolo Tubeなどの動画共有アプリが開発され発表されたということは、われわれ一般消費者に向けた発売も、近いのかもしれない。ARが、社会に心地よい驚きと楽しさを与えるものであるのは、実に喜ばしいことだ。

HoloLens
Microsoft HoloLens | オフィシャル サイト

HoloLens

様々な可能性を秘めたARとの関わり方を考えています。ARの発展と共に、この社会がより良くなっていく事を期待しています。