GET AR

世界を変えるARニュースメディア

研究室内でHoloLensを疑似体験してみた

2017/01/12
 3892

研究室から3Dスキャンを取り上げたレビューを多く紹介しているSCSU VizLab。HoloLensとは一体どのようなものなのか、そしてどのような働きをするものなのかを、動画を通して復習していこう。

HoloLensは、一台にメモリやWi-Fiの機能など、あらゆる機能が備わったコンピューターだ。本体そのものに主な機能が集結しているため、全くのワイヤレスである。余計なケーブルを接続する必要がないのだ。なおかつWeb サーバも動作するので、他デバイスの接続、アプリの起動・停止、充電や設定の変更なども容易に可能となる。

こうして見てみると、実に驚くべき特徴を備えたデバイスだと言えるだろう。なお、この動画で紹介されているのは、開発者向けのHoloLensだ。価格は、3,000ドル(約31万円、$1=102円の場合)ほど。

研究室内でHoloLensを疑似体験してみた

HoloLensはMR(複合現実)ヘッドセット

Microsoft社は、HoloLensを使用することで体験できる現実とホログラムの融合を、Mixed Reality(MR・複合現実)と表現している。従来の製品に多いVirtual Reality(VR・仮想現実)とは違う、独自の特徴を強調している。

VRとは端的に言うと、この現実から離れた仮想の空間のことだ。ゲームの世界を想像すると、分かりやすいかもしれない。それに対してMRは、我々が暮らす現実世界の中に、3Dモデルや3Dホログラフィックを表示させ外観をカスタマイズできる。

HoloLensの3Dホログラム

惑星や宇宙飛行士、ロゴなどの3Dモデルが浮かんでいる。研究室に入ると、ブラウザのウィンドウもいくつか表示されている。このウィンドウや3Dホログラムを好きな場所に配置することで、どんな空間でも仕事場にすることが可能になるという訳だ。

そして映像内では、たびたび壁に糸が張り巡らされているような表示がなされる。これは物体の表示に必要な3Dワイヤーフレームという手法である。これによって、環境や空間を認識しているのだ。

そしてブラウザのウィンドウの他に、動物の3Dモデルがいくつか机の上に配置されているのが見受けられる。いずれも、サイズを自由に調節できる。

HoloLensの画面の見え方

実際にHoloLensを使用した際の視野については、この動画で見るよりも、いくぶん狭いそうだ。映像内では、バッテリーの大きさを例にとって、大体の視野を表現している。確かに、画面は小さめだと言って良い。HoloLensの視野角は40度程度。

HoloLensのハンドジェスチャー

特定の動作をすることで、操作が可能になる。映像内で主に使用されているジェスチャーは、親指と人差し指をくっつけてクリック。上に向けた軽く握った拳を開けて、メニューの呼び出し・戻る動作。クリックしたまま手を移動させることで、仮想オブジェクトの位置の変更。

また、使用者の視点を表す注視カーソルは、手を前に出すと、小さな円に変化する。

まとめ

特に注目すべき点は、表示されている3Dホログラフィックの鮮明さだろう。実際に壁に掲示されているポスターと見比べてみても、一体どちらが現実空間に存在する物なのか、簡単には区別がつかないほどだ。どれも、現実空間に投影されている仮想オブジェクトに過ぎないのだが、実に驚くべきリアリティだ。

ただ、今回は少し気になった点もある。歩行中に使用すると、3Dモデルがブレてしまっているのが、分かるだろうか。今後市販されるであろうバージョンで、もしこの点が改善されれば、さらに快適な使用感を実現できるのではないかと考える。

HoloLens
Microsoft HoloLens | オフィシャル サイト

AR技術・テクノロジー