GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ホログラムとARで最高のドライブを提供する時代がくる

 5675

ガソリンを使わず電気化、自動車の自動運転など、近年自動車技術はとても飛躍的なことをした。一部の企業は道路法の改善を行ってくれと政府に提案書を提出したくらいだ。そんな自動車業界にゲームの力を取り入れるとどうなるか。運転がとても楽しくなることを約束する。

電気自動車は、世界の環境を救うことができる唯一のアイテムである。道路のナビや速度、目の前や後ろの車との距離、注意ポイント、交通事故多発地域などがフロントガラスに照射することはとても近未来的ではないか。また行先の混雑情報を提供する、車載3Dホログラム執事がいたらどうだろうか。米運輸長官のAnthony Foxx(以下アンソニー)は安全性を考慮した今後の自動車メーカーについて色々テレビで語っていたが、あなたの話はどうでもいい。話の内容がとてもじゃないけど古すぎる。

ナビゲーション

まだプロトタイプの段階ではあるが、日常の消費者が利用するには、とても可能性が高いのがホログラムナビゲーションシステムだ。それは距離マーカー、ルート指標、安全上の警告をフロントガラスにホログラフィック画像として投影する。今は不満に感じることもあるが、将来まちがいなくSF世界になることは間違いないだろう。

ヒュンダイ、ARディスプレイカーナビゲーションシステムを公開

ゴーグル

これは時代遅れだ。ARゴーグルは歩行者の動作から衝突検出し、ドライバーにその情報を投影さすとしよう。なにかおかしくないか?カッコ悪いぞ。ゴーグルをつけて運転?イヤイヤ、デザイン性に欠けている。消費者は自動車のフロントガラスを選ぶだろう。企業も消費者もフロントガラスに一目置いているためでもあり、なにせカッコ良いからだ。

車載3Dホログラム執事

近い将来、車載3Dホログラム執事で自動車を誘導引用: Bentley wants to put a holographic butler in your car | The Verge

自動車の技術革新はおそらく、消費者が利用するのはとても遠い。だが未来は予測できる。10年後、執事が3Dホログラムとして消費者の車の中にいることはまちがいないだろう。のんびりと乗り心地を楽しませることができるようになり、またレストランの予約やお気に入りの場所、飛行機のチケットの購入などすべて執事に任せることが可能になる。いや、執事ではなく秘書の仕事か。

まとめ

Google、日産、トヨタは自動車運転を自動化しようとしている動きがみられる。だが、それは事故が絶対起きないとは言えない代物、責任はどこの誰になるのか。ゲームを応用した技術を提供する時代がくれば、運転自体が楽しくなるのではないか。

Holograms and Augmented Reality Are Going to Make Driving Awesome

ARニュース