GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ARで作業支援!スマートグラスを使ったフィールド業務情報共有システム

 4977

第三回ウェアラブルEXPO、日立ソリューションズ、ブース

リード エグジビション ジャパン株式会社が主催する第三回ウェアラブルEXPOが2017年1月18日〜20日まで東京ビッグサイトにて開催されました。

ウェアラブル分野では世界最大とされる総合展で、業務改善のためのウェアラブルソリューションから、IoT、AR/VR技術、最新ウェアラブルデバイス開発のための部品・材料まで、ウェアラブルに関するすべてが出展。

ウェアラブルEXPOの会場に設置されていたブース、システムインテグレーション企業の株式会社日立ソリューションズのARスマートグラス EPSON MOVERIO BT-300を使った作業支援フィールド業務情報共有システムを体験レポートします。

フィールドワークにおける課題を解決

紙での報告書作成に時間がかかり、情報共有に時間がかかり双方の状況が分かりません。かさばる紙の図面や手順書を持ち歩き、現場での作業手順チェックができず、作業実施後の証跡も存在せず。さらに、ヒューマンエラーを防ぎにくく、高齢化等により専門技術者が不足しています。後継の専門技術者育成が進んでおらず、若年入職者の確保が困難。そんな問題を解決してくれたのが、日立ソリューションズのフィールドとオフィスをシームレスに結ぶ、フィールド業務情報共有システムです。

日立ソリューションズ
フィールド業務ソリューション フィールド業務情報共有システム

情報の相互共有

案件管理や報告書作成、文書管理などの業務システムでやり取りする情報をフィールド·オフィス間で連携。報告書の作成や手順書の閲覧など、これまで紙の資料でやり取りしていた情報共有を一気に効率化します。

情報の業務に必要な機能のみの導入が可能

フィールド業務情報共有システムは、業務に必要な機能のみを導入することが可能。また、組み合わせ利用も可能で、お客様に最適な環境や機能を容易に構築できます。

最新デバイスで作業を革新

タブレット端末やスマートグラスといった最新デバイスを利用することで、革新的な作業環境も実現できます。

業務全体の最適化とビジネス変革

ERPやCRMなどと連携し、業務全体の最適化や経営効率化に加え、お客様自身のビジネス変革までをサポートします。

作業の効率や品質を革新

  • 現地調査、情報収集 実際の現場に赴き、現場の状況を調査する検針業務(工事前の事前調査、事故·自然災害作業状況の管理します。
  • 施工·工事、保守.製造ライン 建設工事や設備設置の現場で、その進捗や作業状況の管理します。
  • 製造業のライン 作業員や機械の状況把握できます。
  • 保守·点検など OA機器や空調設備保守、電気·ガスの検針業務で現場に赴き保守·点検、機器の確認を行う業務ができます。

ARで作業支援!スマートグラスを使ったフィールド業務情報共有システム

現地の方が作業するときに、オフィスにいる専門技術者が作業者を支援するためのアプリケーションです。現地の方が掛けているスマートグラスに搭載されているカメラの映像を、リアルタイムでPC上で共有。音声もつながるので、コミュニケーションをしながら遠隔作業支援を実行。だけど、それだけだと伝わりづらい。そのために日立ソリューションズが独自開発したアプリケーションを使用。どれも専門技術者から作業者側へARで遠隔支援指示を出す際に必要です。スマートグラス側と時差なく共有できるので、スムーズに作業が進められるようになります。

未経験者でも適切に作業が可能です。

  • 熟練者からの動画・画像・音声によるダイレクトな指示により、高度な作業も確実に遂行できます。
  • 熟練者の作業シーンを映像で記録し、教育コンテンツとして作業の事前確認も可能です。

オフィスから熟練者がダイレクトにコーチング

  • 高度な技術やノウハウの伝授が実作業を通して可能です。
  • 複数にまたがる作業場所へ指示することができます。

バッテリーはフル充電で映像共有すると、1〜2時間ほど持続。年間で数十件引き合いがあるそうです。

以下ツール。

  • 描画ツール
  • スナップショットツール
  • テキストツール
  • スタンプツール
  • ファイル送信ツール
  • 録画ツール
  • 消去
  • PC画面共有

描画ツール

日立ソリューションズ「フィールド業務情報共有システム」

PC側で操作する『描画ツール』はお絵かきソフトのようなツール。PC側にいる専門技術者から「この部分を見てください」といった、描画を作業者が装着しているスマートグラスのディスプレイに反映させ遠隔支援をします。

スナップショットツール

日立ソリューションズ「フィールド業務情報共有システム」

スマートグラス上で写っている映像をPC側でスナップ撮影ができ、映像を固定するためのツール。スマートグラスの部分は頭(目線)が動くため、スナップショットを撮影して、PC側で映像を一旦画面を止めて見ることができます。

テキストツール

PC画面上でテキストを入力するツールし、スマートグラス側でテキストを見てもらえるツールです。例えば「ここ」といった文字をPC画面上に入力。PC側でスマートグラスとリアルタイムで共有している画面にドラッグ&ドロップします。すると、文字が作業者の装着しているスマートグラス上にリアルタイムで反映し共有。スナップショットを撮影して、テキストを添付すればわかりやすく支援できます。

スタンプツール

日立ソリューションズ「フィールド業務情報共有システム」

スタンプを使い作業者が装着しているスマートグラスへ指示を送ります。テキストで送る必要がないときや簡単な指示の時に使用。スタンプは全部で18種類と豊富に取り揃えています。また、任意のスタンプファイルを登録して使用することもできます。

  • 左矢印
  • 右矢印
  • 上矢印
  • チェック
  • 電球
  • 赤い三角形のビックリマーク
  • 赤い丸状のビックリマーク
  • バツ
  • マル
  • ハート
  • はてな
  • 検索
  • 低い評価(Youtubeの例)
  • 良い評価
  • 時計
  • 音声認識
  • ファイル送信ツール

スマートグラスだと少し使いづらい機能ですが、スマートフォンやタブレットにもスタンプツールは共有可能。スタンプツールを使ったシーンだと、現地の方にファイル・マニュアルを送るといった使い方ができます。

録画ツール

PC側で動画を録画し、記録して証跡を残す時に使用。また問題が起こった実証があるときに記録しておいて、教育コンテンツとして活用することもできます。

消去

PC画面に表示されている消しゴムアイコンのマークを使い、各ツールで画面上に表示した内容(描画やファイル)などを消去します。

PC画面共有

日立ソリューションズ「フィールド業務情報共有システム」

現場のデバイス上に管理者PCの画面を映し出すことができることにより、CADソフトの画面やオフィスソフトの画面などを直接参照させることができます。

今後の展開

株式会社日立ソリューションズの説明員は「このソリューションは、スマートデバイスに特化したソリューションというより、現場で作業をする方を支援するソリューションとして提供しています。現場の方はオフィスから一歩外へ出ると、紙と現地の方のノウハウで作業している方が多い。それをITで支援するということを目指していきます」と話していました。

日立ソリューションズ
システムインテグレーション企業の株式会社日立ソリューションズ

体験・レポート