GET AR

世界を変えるARニュースメディア

テクノスポーツ『HADO WORLD CUP 2016』11月26(土)に日本工学院専門学校蒲田校で開催!

2017/03/08
 6510

ARテクノスポーツHADOの開催イベントのポスター画像

従来には得られたことの無い体感をするARテクノロジースポーツ(以下テクノスポーツ)『HADO』を開発した株式会社meleapは2016年某月、テクノスポーツHADOの頂点を決めるARイベント『HADO WORLD CUP 2016』を開催することを発表した。優勝賞金総額は100万円、初代HADOチャンピオンを決定する世界大会が2016年11月26(土)の10:00から日本工学院専門学校蒲田校の2号館地下4階片柳アリーナ東京都23区内某所で行われる。

HADOは、スマートフォンを入れたヘッドマウントディスプレイを被り、腕の動きを認識する専用のリストバンドを装着し、現実を拡大した様々な様子に焦点を合わせ、エナジーボールを撃ったり、バリアを張る。現実空間と映像を組み合せ、合成することで、自らの手で波動を放出でき、子供の頃憧れていたドラゴンボールのかめはめ波が打てる革新的ARテクノスポーツだ。

今まで体験したことない革命的なARテクノスポーツ『HADO』

ヘッドマウントディスプレイに装着し、スマートフォンのカメラ状に投影された、仮想標的に対し、波動などの技を射出する対戦テクノスポーツ。一番の長所は、meleap社が自社開発しているヘッドマウントディスプレイにある。非常に簡単な仕組みで、スマートフォンをセットするだけのもの。フィールド上を自由自在に動き回れるところも良い。スマートフォンゲームだと、スマートフォン上の画面を見て指をスワイプして遊ぶが、HADOはウェアラブルなため両手がフリーになる。そして持ち運びにも便利。また足を動かし全身を使ってプレイするため、ダイエットにも効果がある。ゲーム好きで運動嫌いな人に、挑戦してほしいテクノスポーツだ。

リストバンドに付属しているモーションセンサーが、プレイヤーの体の動きを認識し、アプリと連動させるAR表示させ、プレイヤーが生み出す技を現実世界へと反映。技は通常攻撃から、必殺技まで多岐にわたり、放出できる。

スマートフォンが入っているヘッドマウントディスプレイを装着し、フィールドを自由に動き回りながら、対戦相手に波動を放ったり、バリアを張って攻撃から身を守って戦う。最大3人対3人のチーム対抗戦で、制限時間は80秒。自分たちのチームと相手チームの得点、残りタイム、ライフゲージ、エナジーボールとバリアのエネルギーゲージが表示される。80秒以内に相手のライフをエナジボールで攻撃し、当たり判定をもらうことで、ポイントを獲得。チームの合計ポイント数で勝敗が決定する。

『HADO』は全国各地のテーマパークや施設に導入済み!

HADOは、長崎佐世保市にあるハウステンボスの人気アトラクション「ダンジョン・オブ・ダークネス」や「リアルモンスターバトル」、都内池袋サンシャイン60ビル内の2階にある、ナンジャタウンの体験型ARアトラクション「ゴジラアタック 出撃!G-FORCE」に導入中。その他、福井県にある芝政ワールド、北海道の洞爺サンパレスリゾート&スパや、全国各地のテーマパークや施設でインタラクティブなモンスターや怪獣と対戦できるコンテンツを展開している。

2016年10月22日追記
池袋サンシャイン60ビル内にあるナンジャタウンで、7月15日~11月6日まで期間延長して開催されている『シン・ゴジラ 対 ナンジャタウン -ゴジラ、ナンジャタウンに襲来!-』ゴジラシリーズ初の、迫りくるゴジラを撃退する、HADOを用いたARアトラクションを体験してきた。

2016年10月22日追記関連記事
HADOを用いたナンジャタウンの体験型ARアトラクション『ゴジラアタック 出撃!G-FORCE』が面白い!

2016年10月28日追記
テクノスポーツ、HADO開発企業のmeleap社はゴジラアタック 出撃!G-FORCE以外に、対人バージョンの体験会や、越谷レイクタウンのVRCenterでリアルモンスターバトルのイベントを開催している。

2016年10月28日追記関連記事
テクノスポーツ、HADO対人バージョンの体験会に行ってきた

越谷レイクタウンmoriのVRCenterでHADOを用いたリアルモンスターバトルを体験してきた

テクノスポーツ、HADO開発企業meleapのCTO新木仁士氏にインタビューしてきた

HADO World Cup 2016の詳細情報

  • 日程:2016年11月26日(土)
  • 受付時間:10:00予定
  • 終了時間:18:00予定
  • 開催場所:日本工学院専門学校蒲田校 2号館地下4階片柳アリーナ都内某所(後日発表)
  • 参加資格:満13歳以上
  • 個人戦:チーム戦の予選グループリーグ成績上位者によるトーナメント
  • チーム戦:予選グループリーグ&決勝グループトーナメント
  • 賞金:総額100万円、その他特別賞あり
  • 参加費:無料(観覧も無料)
  • チーム優勝:50万円、2位:15万円チーム、3位:5万円
  • 個人優勝(デジタルハリウッド大学大学院賞):5万円+PSVR、PS4、2位:3万円、3位:2万円
  • ベストコスチュームチーム賞(NeuroSky賞)10万円+necomimi
  • ベストパフォーマンス賞:10万円
  • 参加エントリー期間:2016年9月21日(水)〜11月6日(日)

以下は事前説明会の詳細。大会に出場するために参加チームは、必ず参加すること。

  • 日程:2016年11月19日(土)もしくは、20日(日)
  • 時間:どの日程も第1回の部が10:00〜12:00、第2回が18:00〜20:00のいずれかに出席すること
  • 場所:株式会社ポニーキャニオン10F 大会議室
  • 郵便番号:105-8487
  • 住所:東京都港区虎ノ門2丁目-5-10

なお、HADO体験会の日程は以下の通りで、エントリーは大会エントリーページから応募しよう。応募の締め切りは10月29日まで。

  • 第1回体験会:9月27日(火)
  • 第2回体験会:10月24日(月)
  • 第3回体験会:11月7日(月)

会場:株式会社ポニーキャニオン
住所:東京都港区虎ノ門2丁目-5-10

2016年10月22日追記
なお、10月24日のHADO体験会は無料で観戦できる。観戦したい方は右記メールアドレスへその旨を伝えること。→mail@hadoinfo.com

HADO
HADO World Cup 2016

追記 HADO WORLD CUP 2016結果発表
テクノスポーツ『HADO WORLD CUP 2016』が2016年11月26日(土)、日本工学院専門学校蒲田校 2号館地下4階、片柳アリーナで開催され、個人戦は樺山博史選手、チーム戦はランニングクラブチームが優勝した。

関連記事
テクノスポーツHADO WORLD CUP 2016、個人戦は樺山博史選手、チーム戦はランニングクラブチームが優勝!

ARニュース