GET AR

世界を変えるARニュースメディア

Gravity Jack社が語る、拡張現実(AR)技術がもたらす3つの可能性

 2653

拡張現実(AR)についての背景と認識はほとんどの人が、ARゲーム、ソーシャルメディアのためだけの前提の下にいると思っている。ルーク・スカイウォーカー(スター・ウォーズシリーズの主人公)が父親の真実に直面したのと同じように、米国アプリ開発会社Gravity Jack(以下:グラビティー・ジャック)は、この誤解を解いている。

拡張現実(AR)技術がもたらす3つの可能性

1. 拡張現実(AR)ゲームやソーシャルメディアにおけるAR技術

ARとは何なのかという例を人々が求めるとき、導入例としてポケモンGOよりSnapchatを出すことがある。グラビティー・ジャックでは顔認識コンピュータビジョンコンポーネントについて説明し、それが顔を認識すると、人工的な目や耳を実際の顔に重ね合わせることができる。

Snapchatは、医学生が脳の手術を行う方法を勉強するのを手助けするようなことで世界を変えている訳ではない。しかし、ひげの生えた男性にフィルターを重ね合わせて、神話的な鹿に変身させることはできる。専門家の意見では、どちらにもそれぞれの能力があり、両方ともかなり面白い。

顔認識でフィルターを実際の顔に重ね合わせ、大衆にARをもたらしたSnapchat、ARといえば顔フィルターとポケモンGOしかないと思う若き人に教えたい。決してSnapの拡張現実(AR)アプリであるSnapchatや、ポケモンGOなどの努力を退けようとしているわけではない。これらのアプリケーションは、自分のために使うだけでなく、ARに関する一般の意識に対して本当に素晴らしいことをした。とりわけ明白なのは、大衆にARをもたらしたことだ。

関連記事
アップデートしたSnapchat、新たなAR機能World Lensesが登場

Snap、消費者や企業にメリットが多い、ジオフィルター機能を用いたAR広告の拡大

2. 医療における拡張現実(AR)技術

医学生と脳手術に関することは、ARの能力を示す完璧な例だ。残念なことに、有名人が至る所ところで携帯電話で洪水のようにスナップするので、AR技術のより実用的で工業的、教育的なアプリケーションが見過ごされることがよくある。

脳手術などの医療処置は、今まで以上に正確になっている。医学生が、HoloLensのようなAR/MRヘッドセットで、ARによる脳の3D画像を使って手術の方法を学び始めたからだ。このビデオでは、Duke University(デューク大学)がすでに非常に困難で時間的制約のある脳神経外科の練習をするために、ARの活用を統合し始めている。医学生に、様々な手術のシナリオを学ぶ機会を提供する。

ARの進歩のおかげで学生は現在、事実上想像できるどんな手順でも丹念に教わることができる。PoindextARの技術によって、マネキンや遺体の上に、生きた医療処置を見ることができる。これにより、元に戻せない損傷を心配することなく、手術の様々なシナリオを確実に学ぶ能力を与えられる。

これら医学生のための宿題はすべて良いものだが、実際の手術室でARを活用するという、さらに大局的な見地に立ちたい。遠くない未来に、医師はヘッドセットを装着し、身体の部位をスキャンし、精度と情報のレベルを上げて手術を行える。ARは、無数の医療処置に関わるどの推測作業も、精密科学に変える。一度の簡単なスキャンで、医師は周辺の骨や神経など、即座に身体の上に重ね合わせる手続き上の適切な詳細を特定。カットする場所と、正確な角度を表示する機能もある。たとえ自宅で外科手術を開始できるように聞こえるとしても、ARがすでにとても有能なプロフェッショナルのためのかけがえのないツールであることを期待している。実際の手術でも、ARヘッドセットを活用する未来はそう遠くない。

関連記事
HoloLensが医療に変革、脳神経外科手術で患者の脳内をARで視覚化

西オーストラリア大学、ARスマートグラスで歯科治療の大きな進歩を目指す

3. ショッピングにおける拡張現実(AR)技術

医学生でなくとも、ARが自宅で使用できるのはIKEAだ。家具を家に持ち帰るとDIYと格闘してきた。棚を設置しようとする間、指示を全て読み飛ばそうと、指示を読むのが難しいと思っている人であろうと、結局のところプロセスに欠陥がある。ARヘッドセットを装着したり、拡張現実(AR)アプリを使用したりして、プロセスはストレスが少なく直感的で、劇的に効率的になる。

あなたの居間に最も効率的な便利屋がいて、ツール、ねじ、部品、操作の順番であなたを導くようなものだ。家具を組み立てたり、購入前に商品を確認するプロセスを手助けする。

関連記事
【CEATEC2016 イベント】Google Tango搭載のスマホでインテリア家具配置ARアプリデモを体験レポート

ジェローム社、部屋に家具を設置できるARアプリ、Cimagine3Dをリリース

【Google Tango】購入前に家具をテスト配置できるARアプリWayfair View

【Google Tango】ARアプリLowe's Visionで、家具・インテリアを仮想配置

企業は、シンプルに製品ライン全体をアプリにアップロードできる。このアプリは、スキャンされている製品をすぐに認識し、想像されるどんなプロセスでも段階的に進むことが出来る。購入前に家具がどのように見えるか確認したい人のためにも、AR技術は手助けできる。

関連記事
HoloLensが医療に変革、脳神経外科手術で患者の脳内をARで視覚化

西オーストラリア大学、ARスマートグラスで歯科治療の大きな進歩を目指す

拡張現実(AR)技術は、たくさんの潜在的な可能性を秘めている

これからのARシナリオについての議論は、ポケモンを捕まえてコレクションするほどエキサイティングではないことを分かっている。これらのシナリオは、ほぼすべての日常生活をより効率的にするARの力の、より実用的な使用であるという主張はない。

グラビティー・ジャックのPoindextARは、市場で最も効率的なARプラットフォームのひとつだ。それは完全なマーカーレスなだけではなく、どんなオブジェクトやビデオでもキャプチャできたり、3Dモデルのアップロードをし学ぶことができる。

引用元
Augmented Reality: Why AR's More Than Snapchat & Pokemon

Gravity Jack
Gravity Jack: Augmented Reality, Virtual Reality & Mobile Apps

AR技術・テクノロジー
,