GET AR

世界を変えるARニュースメディア

元Microsoftスコーブル氏 「ARが世界との関わり方を変え、4年で身近なものになる」

2017/03/08
 3899

ロバートスコーブル

元Microsoftの投資戦略専門家のRobert Scoble(以下スコーブル氏)は2016年11月15日、米メディアPJMediaにてAR(拡張現実)の将来について話していた。

VR、AR、MRなどと呼ばれているが、この名称で混乱しないでほしい。全て非現実のイメージをコンピューターで生成し、見たり体験したりすることができる技術のことだ。これらは携帯電話やタブレット、他にも特別な機器を使って体験することが可能。現実のものと合わさったりするARの需要は、近い将来我々の生活ではなくてはならないものになる。

ARは徐々に私たちの日常に浸透してきている

まだ商用化という面ではごく初期ではあるが、すでに世の中に出ている例もある。ポケモンGOではモンスターが実際の景色の中に現れる。歩き回る時も、キャラクター、スポット、建物などはゲームの世界だが、全て実際の街の中に配置され、現実の世界がゲームの世界でもある。Google翻訳アプリでは標識の写真を撮ると、その内容が翻訳されるようになっている。VivinoというARアプリでは、ワインをスキャンするとその横にワインの評価を見ることが可能。現時点では写真を撮って、クラウドサーバーから送られてくる結果を待つ必要があるが、ARを使えば指すだけで結果を見ることができる。

ゴーグルを装着し、360度バーチャルの世界となるのがVR

VRはバーチャルの世界に完全に入り込む必要があるため、ディスプレイ、コンピューター、複雑なソフトが内蔵されたゴツめのゴーグルを装着しなければならない。今、最も人気があるのはHTCのViveとFacebookのOculus Riftだ。Microsoftももうすぐリリース予定となっている。Viveで水の中を体験したら、サメや色とりどりの魚たちが自分の周りを360度スイスイと泳いでいた。

元Microsoftスコーブル氏「4年でARはより身近なものになる」

すでにARの開発に取り組んでいる会社は多数存在している

未来学者、作家、業界専門家の肩書とUpload VR所属のスコーブル氏は、このAR関連の仕事をしている人たちと会って話し、Facebookのブログでレポートしている。Google、Apple、Samsung、Sony、Qualcomm、Amazon、Pixar、他にも多くのベンチャー企業がMRを進化させる製品や技術の開発に励んでいる。

日常生活に大きな影響を及ぼす存在になる

スコーブル氏はあと4年でこれらのバーチャル機器やバーチャル体験が、エンターテイメント、ショッピング、教育、産業分野の形態を変え、私たちの生活を大きな影響を及ぼすことを確信していると語った。さらに彼はAppleの次のiPhoneは透明ディスプレイを搭載した、最初の大衆向けAR機器となると予測。Appleは、メガネ型スマートグラス事業の参戦を表明している。透明ディスプレイを掲げて、現実とバーチャルの世界が交わる光景がより身近になると考えている。

関連記事
米アップル、メガネ型スマートグラス事業へ進出か

ショッピングの案内をしてくれるARアプリも当たり前になる

他の例として、研修生がバーチャル人体に投影された情報から学べるような医療系ARアプリがあり、Westfield(ウェストフィールド)というショッピングモール経営会社はARショッピングを開発しようとしている。「ショッピングモールに行って、Siriにブルーのジーンズがどこにあるのかを聞けば、青い線が床に現れてその場所へ案内してくれる」とスコーブル氏は言う。

関連記事
ショッピングをより簡単に!ARプラットフォームAugmentで、広がり続ける未来

VR/ARを活用したシステムで、ショッピング業界が成功を収める5つの方法

企業にも消費者にもメリット満載、AR技術を導入した未来のショッピング

実際にARが広まるには『日常で使える』ものでなければならない

「人間」という要素があるため、他の新技術と同様に、汎用性を高めるには専門家が予想するよりも時間がかかることが多い。私たちが毎日ヘッドセットや特別なメガネを着けたいと思うまでには5年、10年かかる可能性がある。たとえ機器が小型化されたとしても。毎日使いたいと思うほど、魅力的なメリットがないといけない。Google GlassのようなARスマートグラスはその点を示している。その大きなメガネでインターネットを見たり、ビデオを撮影したり、色々なことができたが、社会的に受け入れられるものではなかったため、失敗となった。技術がどれだけ優れていても、人間的な要素が広まる速度に大きく関わる。日常的に使われる前に、数年はテーマパークなどで体験するステップが必要なのかもしれない。

関連記事
Google Glass、ハンズフリーで医師が情報を取得し転写も可能に

Google Glassを使用し、自閉症の人たちに感情を知らせるAutism Glass

Google Glass、救急医療現場でより正確な治療や判断を可能に

近いうちにARは必ず私たちの生活を大きく変える

4年先か10年先かはわからないが、ARは私たちが日々することに影響を与え、世界との関わり方を変えるのは確実だろう。そして素晴らしいゲームも生まれるに違いない。

関連記事
Appleの新作iPhone7と7Plus、次世代ARプラットフォームの基盤に

企業にも消費者にもメリット満載、AR技術を導入した未来のショッピング

Facebook ザッカーバーグ氏「将来は全員ARスマートグラスをかけている」

引用元
Futurist Predicts How Augmented Reality and Artificial Intelligence Will Change Our Lives

ARニュース