GET AR

世界を変えるARニュースメディア

富士通、ARソリューションシステム『3D重畳設計製造物診断』を販売開始

 1379

情報通信技術を提供する企業Fujitsu(以下、富士通)は2016年12月27日、ARと3Dモデリングを活用して製造や製造部品を検査するPLM(工業製品の開発の過程を、全般的に管理する手法)ソリューションであるFUJITSU Manufacturing Industry Solution 3D Superimposed Product Design Diagnostic(富士通製造工業ソリューション3D重畳設計製造物診断)のローンチを発表した。

これは、Fujitsuが2年間かけた新しいIoTソリューションFUJITSU Manufacturing Industry Solution Visualine(富士通製造工業ソリューションビジュアライン)。

製造製品を手動で調べるのではなく、スマートフォンやタブレット端末で各コンポーネントの写真を撮影、画像をコンポーネントの3D CADファイルにオーバーレイして、違いや矛盾を素早く発見できる。

あらゆる設備からデータを収集、重大な問題が発生する前に機能の問題について製造スタッフに警告することで、製造施設の生産効率を向上させる設計になっている。

このソリューションは、3Dプリンティングなどの少なくとも部分的には高度な生産方法のために、今後拡大する製造部品の増加傾向に対応して富士通が開発。製造業者が各製品を効率的に検査し、設計上の青写真と完全に一致するかどうかを正確に判断することが、より困難になっている。

『3D重畳設計製造物診断』で、部品の検査に要する時間を従来の10分の1に短縮

富士通は、建設技術会社Tomoe Corporation(以下、巴コーポレーション)と共にシステムを開発し、2015年には巴コーポレーションの大山工場でシステムのテストを実施した。両者は共同で部品組立時の3DARソリューションの有効性を検証、製造された部品の検査に要する時間を従来の検査方法の10分の1に短縮、部品ごとにわずか数分にまで減少させた。

富士通は、一般建設から鉄塔、橋梁、鉄骨フレームまで複数の事業を展開する巴コーポレーションでソリューションをテストした後、タスクの効率の向上と、診断用の管理機能と使用機能を追加する目的で、システムに追加の診断準備機能を追加した。『3D重畳設計製造物診断』は、製品検査手順の効率と有効性の向上に関心がある製造企業に提供されている。

『3D重畳設計製造物診断』の、システム導入を2019年まで100社を目指す

このシステムは操作が簡単で、メーカーは早期に欠陥を容易に迅速に検出できる。製造プロセスの後半の段階で、コンポーネント返送する必要がない。さらに診断結果が保存され、企業は品質の記録を保持、情報を共有、全体的な管理を改善できる。

『3D重畳設計製造物診断』は現在、日本でのみ利用可能。富士通の目標は、会計年度2019年までに100社にシステムを導入すること。2016年12月27日現在、サーバーライセンスは200万円、クライアントライセンスは400万円で購入できる。

関連記事
ABI Research 「2017年の工業におけるAR市場は、前年比400%以上成長する」

産業分野における未来のARアプリケーションの活用方法

AR(拡張現実)が、デジタル化が停滞している建設市場に創造的改革をもたらす

Fujitsu AR
Fujitsu Uses AR Technology in 3D Superimposed Product Design Diagnostic Solution

Fujitsu
Fujitsu Global

3DPrint.com
Fujitsu Launches New 3D Augmented Reality Solution for More Effective Component Inspection

ARニュース 産業
, ,

ライティング修行中。様々な可能性を秘めたARとの関わり方を考えています。ARの発展と共に、この社会がより良くなっていく事を期待しています。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly