GET AR

世界を変えるARニュースメディア

NSAを告発したスノーデン氏「AR技術は人々の世界の見方を変革させる」

 2429

エドワード・スノーデン氏

カリフォルニア州オークランドで、Edward Snowden氏(以下スノーデン氏)は、ロボットの形態をとって観衆に話しかけた。スノーデン氏の顔を映しているビデオスクリーンを完備したロボットは、ステージの向こうで操作されている。

2013年、ジャーナリストに大規模な政府スパイプログラムを告発した元NSA(アメリカ国家安全保障局)のスノーデン氏は、スクリーンとテレビ会議ロボットを通して、世界中の至る所に現れた。彼は次にVR/ARによって、離れていてもまるで同じ部屋にいるかのように人々と話すことができると語っている。

オークランド・カリフォルニア博物館で11月15日に開催されたFusion's Real Future Fairに集まった群衆との話で、スノーデン氏は、彼の故郷であるアメリカから離れて、彼の人生を経験する方法に影響があると語った。スノーデン氏は現ロシア在住で、スパイ活動法と他の連邦の法律下で犯罪の嫌疑を受けている。

「我々は、特別な瞬間を介して生きている。政治的な抑圧のツールとして、亡命の終わりを乗り切っている」と、スノーデン氏は言った。彼の最大の支持者から遠く離れて住んでいるにもかかわらず、公に出て、発表で始めた会話に影響を与え続けることができる。もし、彼が政府秘密を明かした理由のために陪審に論拠を述べても問題ない。オバマ政権は、スノーデン氏が法律の下に正当な法の手続きの最大限の利点を受けると約束した。

スノーデン氏は、「より現実的な形で出現することができる。来るべき年には、私は物質的な存在を持たないかもしれない。しかしそれは、かえって現実的かもしれない」と述べた。

AR技術は、市民参加を高め、人々が彼らの周囲を見る方法を変革する機能を持っている。例えばリザードンというポケモンのキャラクターを表示する代わりに、ARプログラムは、街角の政治史を示すために位置情報を使うことが可能。歴史上で何が起こったか、誰が住んでいたか、発砲はあったかなどを表示できるARは将来様々な需要が期待できる。

引用元
Edward Snowden: Augmented reality will bring political awareness

ARニュース
,