GET AR

世界を変えるARニュースメディア

ヘッドフォンメーカーDoppler Labs、ARによる快適な音響を提供

 2100

ARリスニングを提供するワイヤレスイヤフォンHere Oneの写真

ヘッドフォン製造企業のDoppler Labs(以下ドップラー)は、スポーツイベントや美術館、コンサートホール等に「ARリスニング」をもたらすために、ニューヨーク・フィルハーモニック、ニューヨーク・メッツ、クリーブランド・キャバリアーズ、サンフランシスコ美術館と売店、メイド・ファッション・ウィーク、ギムレット・メディア、コーチェラ音楽祭と提携している。

ドップラーはこれらの団体と共に、ユニークなオーディオコンテンツおよび強化された音響体験を提供する。クリーブランド・キャバリアーズの試合でファンがHere Oneのレイヤーリスニング機能を使えば、実況スポーツの解説、スコア、および統計情報を、リアルタイムにストリーミングすることが可能。同時に友人とも会話も途切れることなく、周囲の群衆の怒号のみを減らす選択的な騒音フィルターを使用できる。

ニューヨーク・フィルハーモニックでは、コンサートの観客が純粋なサウンドとライブパフォーマンスに耳を傾けるだけでなく、自然な音響を楽しめる。またメッツとのコラボレーションでは、Here Oneとビーコン技術を使用し、参加者が右スタンドから最新情報と音声通知を受け取ることが可能になる。サンフランシスコ美術館では、訪問者を音声通知によって簡単にナビゲートするので、イヤフォンを取り外すことなく、現代美術のメリットについて周囲や友人と会話できる。ギムレット・メディアとの協力では、リスナーは実世界の音を通して、音楽を聴くことが出来る。例えば、自転車に乗って通勤している最中でも、交通安全を意識しながらお気に入りの音楽を聴ける。

同社は、Here Nowイヤフォンを2017年1月に生産開始。先行予約は、2017年2月から3月中旬までを予定している。

関連記事
Layarの無料アプリを使ったARプロジェクト、米国シアトルの美術館にて

ミュージックライブとAR音楽ステージプラットフォーム、元アーティストが考案

引用元
Doppler Labs provides ‘augmented reality listening’ for fans of New York Philharmonic, New York Mets, and Cleveland Cavaliers (updated)

ARニュース
,