GET AR

世界を変えるARニュースメディア

DCA Design、サイクリストの命を守るAR機能搭載スマートヘルメットを開発か

2016/10/06
 2058

道路にARメニューが表示されている写真

イギリスのウォリックシャー州で、DCA Design社が設立され、サイクリストにより早く安全な判断の手助けを提供するARスマートヘルメット、Opticが話題となっている。このOpticは、画期的なバイザー搭載ヘルメットとして、Red Dotデザイン賞を受賞した。このバイザーは、前方からの情報を集約し、後方にもカメラを付けることで視界は360度。ナビゲーションツールや目的地までの計算機能も追加。今までにない最新のヘルメットである。

未来について考えてみると、最も注目されるのは、180度の後方カメラだ。操縦者の死角を最低限にし、前方に集中できる。過去に、操縦者向けの、ロードマッピング機能があったが、それらはただ、ARのGPSナビゲーションを利用した前方カメラと接近センサーだ。容易に認識できる障害物は、マップにレイアウトされる。現在、他にも様々な走行機能があるが、距離やスピード、心拍数、広範囲のモニターではない。フラッシュメモリーのデータやBlueToothカードの情報は、分析や評価のため録画される仕組みである。

関連記事
バイク用ARスマートヘルメット、SKULLYで360°見渡せる安全な運転を

オートバイ用ARスマートヘルメットAR-1開発のSkully社、活動休止

バイク用ARスマートヘルメット、SKULLYで360°見渡せる安全な運転を

DCA Design社の開発のきっかけは、イギリスのサイクリストによる年間事故は多数確認されている。これは、サイクリストにとって都市の走行の危険性を証明している。しかし、この開発により、安全性と機能性、能率的で魅力的なデザイン性を提供が可能。かつて、私たちが市場に望んでいた製品であり、Red Dotの証言からも、それは明確だろう。

自転車事故をなくす活動をする団体のニコラ・ブランチ氏が、ロンドンの特別区に対し、自転車を保護するための専用レーンを設け、交差点での左折事故を防止対策を作るよう求めて訴えている様子

DCA Design International

ARスマートヘルメット ARニュース Optic

英語圏留学後、今はフランスの大学受験生。ARについての知識を深めるとともに、どんどんレベルアップしていきたいです。