GET AR

世界を変えるARニュースメディア

工業系、業務系に特化した、DAQRIの次世代型産業ARスマートヘルメット

2017/03/07
 4596

携帯機器のARアプリ開発を手掛けるアメリカのロサンゼルスに拠点をおく企業、ARスマートヘルメット開発メーカーDAQRIが自社開発した工業系、業務系に特化した新世代の次世代型産業ARスマートヘルメットの動画を紹介する。

ARスマートグラスメガネやARヘッドセット、さまざまなAR関連の機器が発表されているが、産業の業務向けの現場用ヘルメットというのは他には無いものであろう。DAQRIでは3D(現実空間)に1D(拡張現実のこと)を足すことで4Dと銘打っている。

次世代型4Dユーザーインターフェース

次世代型インターフェース。腕の周りに表示される。

ヘルメットに装備されているARヘッドアップディスプレイを通して、次世代型と銘打つ従来までのものとは違うインターフェースを実現させている。画面にWindowsのように情報を表示したりするタイプのインターフェースではなく、AR技術を駆使した、画像のような形のインターフェースとなっている。

Intellitrack

Intellitrackの映像。

計器類の数値をリアルタイムに計測してくれる

ヘルメットには4つのカメラと測定用のユニットが搭載されており、それらから得られた情報をARとしてディスプレイ上に表示する。これらの技術はIntellitrackと呼ばれ、スマートヘルメットの重要な部分、肝の部分となっている。Intellitrackにより表示される情報は

  • 作業現場の道案内
  • 作業機器の認識とそれらの情報の表示
  • 作業機器計器類のリアルタイムな情報の取得(機器の数値の確認など)

4つのカメラや測定機器以外にもさまざまなセンサー類が搭載されており、それらも駆使して作業現場における情報を抜かりなく示してくれるのだ。さらには各種撮影機能なども備えており、近い将来、さまざまな作業現場で活躍することが予想される。

ARヘルメットの意義

現場での実用性において、ソフト面で意義を唱える人間は多くないだろう。しかしハード面では、どうか?今回のARスマートヘルメットはそういった点での答えになるのではないだろうか。室内の開発現場と違い、野外の工事現場においては危険を伴う場合がありヘルメットの着用が義務付けられる。その重要なヘルメットをAR技術を駆使したARスマートヘルメットにするというのは必然であったとも言える。ヘルメットとしても安全基準はパスしており現場で使用するのには一切問題は無い。さらに、OSには作業現場で使用することを考慮したのかWindowsシリーズではなくAndroidシリーズが採用されている。

まとめ

驚くべきことにHololensに代表されるARヘッドセットや各社が発表しているスマートグラスが世間の間で注目を浴びる中、それらを作る業界、それらを使用する業界は既に先を見ており、各分野で特化した機器を作ろうという試みが、始まっているどころかかなりの地点まで進んでいることが今回の動画で分かる。今回は作業現場用であったが、こういった動きはバイク業界などでも盛んに起きているという。我々の想像しないスピードで発展が進んでいるAR技術、はたして何処まで進むのだろうか。この先に注目していきたい。

2016年10月18日関連記事追記
DAQRI ARスマートヘルメットと4D Studioはあらゆる可能性を示す

New York Times、Aurasma、DAQRIが教室でAR、VRアプリを無償で提供

DAQRI所属のBrad Waid、子供向け教育AR企業AugThatの役員に任命

ARとは何か?スマートヘルメットを開発するDAQRI CEOが語るVR/AR/MRの概念

2016年10月18日追記
ARスマートヘルメットは産業系に留まらず、オートバイ用やサイクリスト向けのヘルメットを開発している企業も存在する。

2016年10月18日関連記事追記
バイク用ARスマートヘルメット、SKULLYで360°見渡せる安全な運転を

オートバイ用ARスマートヘルメットAR-1開発のSkully社、活動休止

オートバイ用ARスマートヘルメットLiveMapを開発したロシア企業、普及なるか

DCA Design、サイクリストの命を守るAR機能搭載スマートヘルメットを開発か

AR技術・テクノロジー