GET AR

世界を変えるARニュースメディア

シンガポール中央麻薬捜査局、ARディスプレイで薬物乱用の危険性を伝える

 1078

シンガポールのCentral Narcotics Bureau(中央麻薬捜査局)は10月8日土曜日(現地時間)、同国のショッピングセンターVivocity(ビボシティ)にてDrug Buster Academy(ドラッグ・バスター・アカデミー)バスのロードショーを開催した。

小中学校への月5回の訪問と、技術や技能を学ぶ国立の教育機関 Institute Technical Education(ITE)への訪問で、中央麻薬捜査局のバスでの展示は、顔認識のスキャンとAR技術を活用して、国民に薬物乱用の教育をすることを目指している。

訪問者は、薬を使用後の危険性について学ぶために、未来の旅行に連れて行かれる。薬物乱用が有害ではない、中毒性がないとの誤解と闘うために、訪問者の体の上で長期の薬物乱用の影響のシミュレーションが行われる。

この特別な一日のロードショーは、若者に向けて、中央麻薬捜査局のメッセージを強調するための努力の一環だ。CNB. DrugFreeSGとして知られ、中央麻薬捜査局は一貫したアイデンティティが、麻薬中毒者や流入のないシンガポールにし、その関与と努力をよりよく反映する。

関連記事
ディズニー・ジュニア・アジア、ARディスプレイMagical Momentを設置

ARの教育現場の存在、4つの教育分野における活用方法とARゲームの影響力

7月30日 人身取引反対世界デー、ARを通じて奴隷制に訴える

引用元
CNB holds one-day roadshow to educate public on drug abuse

ARニュース
, , ,

様々な可能性を秘めたARとの関わり方を考えています。ARの発展と共に、この社会がより良くなっていく事を期待しています。