GET AR

世界を変えるARニュースメディア

【Google Tango】大物実業家を目指してタワーを建てるARゲームアプリ、Towers for Tango

2017/03/07
 3612

2016年11月の1週目、中国の大手通信機器製造企業Lenovoは、Google Tango搭載の世界初の大型スマートフォンLenovo Phab 2 Proをローンチした。Tango技術は、エリアラーニングで場所を記憶し、オブジェクトをトラッキングしてユーザーの視界に物体をカメラを通してスマートフォン上に配置する、はるかに正確な拡張現実(AR)機能を持ったデバイスだ。Climax Studio(以下クライマックス)は、Lenovo Phab 2 ProとGoogle Tangoのために設計された、バーチャルなタワーを建築する拡張現実(AR)アプリ、Towers for Tango(以下タワーズ・フォー・タンゴ)をリリースしている。

関連記事
レノボ、Google Tango搭載のARスマートフォンPhab2 Proを韓国で発売

レノボ、Google Tango搭載のARスマートフォンPHAB2 Proを発売開始

大物実業家を目指してタワーを建てるARゲームアプリ、Towers for Tango

ローンチに際してのトレーラーでは、タワーズ・フォー・タンゴの機能がいくつか紹介されている。

  • プレイヤーが建物を回転させて色々な方向から見る
  • 建物の中に入って前フロアを点検して何が起こっているかを把握
  • 清掃員などの従業員を募集

ニュージーランドはオークランドにある新しいクライマックスのスタジオで開発された。タワーズ・フォー・タンゴでは、プレイヤーは建築の大物実業家になるために、ARを駆使して好きな場所にタワーを建てることができる。プレイヤーは、居住者が幸せに暮らせるように建物の構造を改善する必要がある。降りかかる災害をかわし、見事な摩天楼を建てるためには、五つ星評価にたどり着かねばならない。

タワーズ・フォー・タンゴは今、Leovo Phab 2 Proだけでプレイできる。Google Playで2.99米ドル。

関連記事
Google AR技術Tango搭載のLenovo PHAB2 Proの3つの特徴

ARゲームアプリは企業を新技術の最先端に押し上げる

最高経営責任者Simon Gardner氏(ガードナー氏)は「最近のポケモンGOの大規模な成功と、ARへの全体的な関心により、我々は最初のARタイトルをスタートすることに本当にわくわくしている。ゲームの作成には新しい技術を利用し、魔法と驚きの要素を追加した感覚だ」と述べた。

クライマックスのニュージーランドスタジオ代表Andy Wiltonは「オープニングの半年以内に、最初のタイトルをリリースするのは素晴らしいことで、我々がここで編成しているチームにとっての大きな証となる。それがARタイトルであることは、我々を新技術の最前線の地図上に置く」と話した。

関連記事

引用元
Build Your Own AR Building in Towers for Tango for Lenovo’s Phab 2 Pro

AR Androidアプリ ARアプリ
, , ,