GET AR

世界を変えるARニュースメディア

購買体験とオンラインと店舗の橋渡し、ショッピングにおけるAR技術の役割

 2317

飾り付けのされた店舗内の写真

第4四半期は、多くの小売業者にとって成功を左右するシーズンである。このショッピングのシーズンの売上高は、多数の小売業者の年間売上高の30%以上を占めており、特に贈与品や高級ブランドを専門とするブランドに当てはまる。

アメリカで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日Black Friday(ブラック・フライデー)と、各社のキャンペーンによって売上が急増する、11月の第4木曜日の感謝祭が明けた次の月曜日Cyber Monday(サイバー・マンデー)がやって来るまでの間、浮かれ騒ぐ買い物はペースを緩めない。ブランドと小売業者は皆、その期間中の売上を最大限に高めるためにすべての戦術を引き出してきたが、クリスマスとその周辺の休暇も、買い物客にとって人気があると理解している。小売業者は盛んな競争に照らして、今シーズンのトレンドの前線に留まることが重要だ。小売業界における革新は、差別化要因である。

主流になりつつあるオンラインショッピングの特徴

2015年、Fortune(フォーチュン)は初めて、ブラック・フライデーの週末に1億3百万に達したオンライン・チャネル上の購入者が、実店舗での購入者の数を超えたことを報告した。ショッピングは間違いなく、オンラインで動いている。これにはMarketing Land(マーケティング・ランド)も呼応し、2020年にはブラック・フライデーの会話の半分以上は、オンラインでの販売に注意を向けることを報告した。

オンラインショッピングは、信じられないほどの値引きが特徴

オンラインと店舗の両方で需要が増加したが、より良い転換を達成するために、小売業者は戦略的に割引を実施。小売業者が公然と価格の固定に訴えることで指数的に増加しているオリジナル価格と割引により、買い物客はすべての商品の割引を期待している。

コンサルティング会社Accenture(アクセンチュア)によれば、2016年のホリデーシーズン中、40%以上の顧客が正規の価格を支払わないという調査がある。

オンラインショッピングは、送料が無料

加入者は送料無料で2日以内の発送サービスを受けられるPrime(アマゾンプライム)を有するAmazon(アマゾン)によって支配されている産業では、オンラインの小売店のほとんどが、自社のサービスをより良くしようとしている。

世界最大の会計事務所Deloitte(デロイト)の調査によると、88%の顧客が迅速な配送のために余分な代金を支払いたくないと考えており、そのうちの3分の2がたとえ1週間前に注文した場合でも、クリスマスまでは無料配送を希望している。

オンラインショッピングは、返品に手間がかからない

通常の販売数を上回る場合は、ほとんどの場合、返品依頼も通常より多い。実店舗での返品は簡単なプロセスだが、小売業者の返品方針はブランドの評判やイメージだけでなく、将来の販売数にも大きな影響を与える。

95%の顧客が、返品手続きが簡単だった場合、再度購入する。返品時の送料が無料で、手ごろな払い戻しを提供する小売業者は、今後2年間で売上高を58%から357%に増やすと見込まれている。

送料無料での多量の返品は、初期の挫折は間違いなく驚異的だ。しかし、投資した資本に対して得られる利益ROI(投資対効果)としての将来的な販売と競争優位の面では、それ以上の価値がある。さらにこれにより、ブランドは、真のオムニチャネル体験に一歩近づく。

関連記事
Augmentが予測、2016年小売業界を活性化させる4つの活用法

ARを活用するために、マーケティング担当者が理解しておくべき3つの重要な点

店舗の小売業者の挑戦

確かにオンラインでは、自宅でくつろぎながら買い物ができる。しかし、買い物を盛り上げるための、個人的な買い物のアシストを受けられるか?競争がますます激化する中、小売業者は店内を活性化させる特別な陳列棚とともに、より夢中になれる購買体験を提供し、買い物客を実店舗に誘導している。

混雑した店舗を訪れるのではなく、オンラインショッピングを好む人が増えているため、小売業者が買い手に全チャネル体験を提供することがこれまで以上に重要になる。これは通常、実店舗におけるデジタルの存在を指すが、オンラインショッピングの際はどうか?革新的な小売業者は、店舗内の多くの特典を利用し、デジタルチャネルを通じてより個人向けで継ぎ目のない体験を提供することで対応している。

AR技術は店舗とオンラインのギャップを埋める

AR技術は店内とオンラインショッピングという、高度に分離された市場における商社を決定する重要な要素となる。それぞれの市場での購買体験のギャップを、橋渡しするのに役立つ。ARは、オンラインショッピングに試してから買うことができないという主な欠点に対処することで、真のオムニチャネル・ショッピング体験を提供する。

特に家庭装飾品や家具類のバイヤーにとって、オンラインショッピングにおけるARの多くの画期的な使用例を見てきた。人々は、アパレル、家具、電子機器であろうと、自分のパーソナルスペースで使う製品を試したいと熱望している。物流小売業者は、ただ衣類を試着することから、工業製品の構造と使用を実証することに至るまで、店舗でAR技術を多種多様なエフェクトに活用してきた。

豊富な機能がある世界では、買い物客はブランドをすばやく移動する。ブランドの独自性は、主に購買経験や刺激に置き換えられる。ARは顧客に比類のないショッピングの体験をもたらし、ブランドにこのホリデーシーズンの競争上の優位性を与える。

関連記事
ショッピング、Eコマースなどに もたらす3つのAR小売マーケティング

ショッピングをより簡単に!ARプラットフォームAugmentで、広がり続ける未来

ARを使いeコマースやオンラインショップでコンバージョン率を上げる6つの方法

企業にも消費者にもメリット満載、AR技術を導入した未来のショッピング

Augment、事前に商品を体験する魅力的な新ネットショッピングを実現

Augment Blog
Christmas, The Superbowl of Retail: Top Trends to Watch For

Augment
Augment: Enterprise Augmented Reality Platform

AR技術・テクノロジー
, ,