GET AR

世界を変えるARニュースメディア

世界最大の重機メーカーCATはAR技術をどう生かすのか?

2017/01/14
 2600

世界最大の重機製造企業であるCaterpillar Inc.(CAT)が自身らの仕事等にどうやって拡張現実(AR)技術を応用するのかという動画を挙げている。AR技術を自身らの仕事に生かしていくとなれば、恐らく他分野の企業等も右へならえとなるかもしれない。

世界最大の重機メーカーCATの拡張現実(AR)技術

世界最大の重機メーカーCATの拡張現実(AR)技術、情報をより簡単にわかりやすく

重機と聞くと、あまりこういった技術を取り入れる事に関しては珍しく思う事だろう。はたしてCATはどうAR技術を生かしていくのだろうか?

動画には、CATの技術者へのインタビューに始まり、AR用ゴーグルをかける事によって、重機の周辺に各種情報等が表示される様子が記録されている。ただこの重機が何であるのかがわかるだけであるならあまり必要とはされないだろう。しかしこのAR用ゴーグルによって拡張された情報は更にそれ以上の事がわかる。なんと重機の総称がわかるだけでなくパーツの情報から事細かにわかる上に各パーツの重量など細かい所まで情報が入手できるようになっているのだ。更にはパーツの稼働手順(特に順番)までもがゴーグルを通じてわかってしまう。動画を見る限りではそこから先の情報、稼働状況やパーツの状態等の情報まで反映するというのは技術的に難しいようであるが、この先わかるようになるのかもしれない。

世界最大の重機メーカーCATの拡張現実(AR)技術、ヘッドセットで更に先の情報も?

更に動画では、ゴーグルではなくヘッドセットを付ける事で更に遠くの情報を取得する光景も確認することが出来た。肉眼では判別のつきづらいから距離からでも機器を認識出来てしまう事には見た方も驚いたと思う(筆者も驚いた!)これは建設現場を全体から見渡す際に効果を発揮してくれるはずだ。

世界最大の重機メーカーCATの拡張現実(AR)技術 まとめ

建設現場、重機にどう生かすかという事を考えると、今回の動画を見た限りでは無難な使い方である。ただ、AR技術をこういった事に生かす、使用する最初としては及第点である。

一番気になったのは、AR技術が重機業界にも生かす事ができたという点だ。建設業界、それ現場となるとこういった系統の技術を生かして何をするというのはあまり聞いた事は無い。重機を操る様子の現場であっても、ハードソフトの部分はあまり見えないのは日本の工事現場等を見るとわかる。今回の動画で生かされた、示されたAR技術とは、明らかに今までの建設現場等には異質な、必要かどうかは分らない技術であった。即ち、AR技術の汎用性の高さ、応用性の高さを示しているともいえる。

様々な可能性の一つを見せてくれたこれらの技術等に注目していきたい。

関連記事
重機メーカーCATがHoloLensで開発しているデモを公開

CAT
Caterpillar

AR技術 重機

現在修行中のフリーライター。主に娯楽関連が得意分野です。AR技術が娯楽業界に如何なる影響を与えるか非常に興味を持っています。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly