GET AR

世界を変えるARニュースメディア

castAR、元EAチーフマネージャーやCITY VILLE開発者をCEOに任命

 664

メガネ型ARスマートグラスを開発しているcastARは、2016年8月18日、会社の存続や開発ラインを考慮し、CEO兼COOとしてDarrell Rodriguez(ダレル・ロドリゲス:以下ロドリゲス氏)とSteve Parkis(スティーブ・パーキス:以下パーキス氏)の就任を発表した。

ロドリゲス氏はWalt Disneyのディレクター、EAのチーフマネージャー、LUCAS ARTSのCEOと様々な職を渡り歩き、豊富な知識を持っている。パーキス氏は主に、フェイスブック上で動くブラウザゲームを開発している企業Zyngaに所属、リリースして3週間で約7000万人のユーザー数を獲得した、CITYVILLEの開発プロジェクトを担当した経験をもっている。また数々の特許を取得している敏腕の持ち主。

castARは、特殊な素材を使用して、開発された軽量のメガネ型ARスマートグラスは、仮想オブジェクトを表示する。ユーザーは建築物、3Dゲーム、動画閲覧など日常生活から仕事まで様々なことに利用できる。

日常が変わる!メガネ型スマートグラスcastARが凄い

同社は当初、コンピューターゲーム会社のvalveの開発部門を任されていた、Jeri Ellsworth(ジェリ・エルズワース:以下エルズワース氏)とRick Johnson(リック・ジョンソン氏)によって設立された企業。2013年8月にはKickstarterでは100万ドル以上資金調達に成功した。だが、最終的には支援者に商品が届いていない。同年12月にはcastAR側から支援者へ、払い戻しを提供した。

castAR、左からスティーブ・パーキス、ジェリエルズ・ワース、リック・ジョンソンとダレル・ロドリゲス出典: http://uploadvr.com/
写真左から右へ:スティーブ・パーキス氏、ジェリ・エルズワース氏、リック・ジョンソン氏とダレル・ロドリゲス氏。

エルズワース氏は「我々は消費者の期待に応え、castARを駆動するためにパートナーを探していた。グローバルな世界で、偉大なパートナーと出会えたことに感謝したい。画期的な商品を、いち早く提供する態勢を整える」と述べている。

castARのAR技術は魅力的だと思うが、開発に長い時間が用いられている。話題にされることで、一躍注目をあびたが、明確な開発や出荷などはわかっていない。ロドリゲス氏とパーキス氏は、支援者との約束を守り、消費者へ商品を届けることができるのだろうか。

CastAR Brings Aboard Former LucasArts President As CEO

ARスマートグラス ARニュース castAR
, , ,

國士舘大学体育大学武道学科卒→商社→セブ留学→独学でWebを勉強→GET AR管理人。ARの可能性に興味をもち、AR大好きな人。語彙はないが、情熱はある人。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly