GET AR

世界を変えるARニュースメディア

日常が変わる!メガネ型スマートグラスcastARが凄い

2017/01/16
 2283

コンピューターゲーム会社のvalveのJeri Ellsworth氏とRick Johnson氏によって設立されたTechnicalIllusions社(現在はcastAR社)が開発したメガネ型スマートグラスであるcastAR。それによって生活はどう変化するのか?さまざまなメガネ型スマートグラスが発表され、まさしく戦国時代の様相を呈してきた拡張現実(AR)/VR業界であるが、その中でもこれは他にはない独自性を秘めていた。

メガネ型スマートグラスcastARで変わる世界

メガネ型スマートグラスcastARで見る、3D建築物

設計図にある建築物を3Dモデルとして現実世界に拡張。3Dモデルはなかなか精密で、設計図を見るだけでは想像しにくい部分までもわかるようになっている。

従来のマーカーレスのARではCGが不安定に揺れたり、消えてしまうなどの問題があったがcastARのメガネ型スマートグラスはそれを可能にしている。

3Dデプスセンサー(赤外線を照射して反射するまでの時間で対象物との距離を測ることができ、自身の位置と周辺の状況を3次元的に把握)やエリアラーニング(空間を記憶することがこの自然な合成を実現させる)が備わっているのだろう。

建築物の3DARモデル

メガネ型スマートグラスcastARでプレイするVRゲーム

完全没入してダイナミックにアクションゲームを楽しむことも可能だ。もちろん、卓上でやるような小さなシミュレーションゲームなどもできる。そういった操作にはリモコンが付いており、そちらで操作することが可能だ。

castAR2

メガネ型スマートグラスcastARで動画閲覧など

パソコンやスマートフォンのように使うことも可能。動画閲覧やブラウザによるインターネットサーフィンも可能。まるで自身の机の上に直接拡げるような感覚で使用が可能となっている。

パソコンと繋いでパソコンのように使用が可能

メガネ型スマートグラスcastARの操作性

上述した機能のこともあり、操作には専用のコントローラーを使う。HoloLensと同じようにハンドジェスチャーで様々なことができるというイメージがあり、少し操作性という点では他の機種に劣る点もあるかもしれない。しかし、それを補うためなのか操作関連の周辺機器がいくつも企画されている。フィギュアやカードなどとの連動機器、プロジェクターで映し出した映像を操作するための機器などさまざまだ。

メガネ型スマートグラスcastAR まとめ

視界の共有という部分はメガネ型スマートグラスを語るうえで重要な部分であると思う。他の機種は自身の視界、見ているものを同じく使用している人間と共有することが可能であった。だが、視界の共有という点を考えるとある意味不十分であるといえる。使用している人間同士でしか視界が共有できないというのは、日常生活において不便なところも出てくるのではないだろうか。こちらはメガネ型スマートグラスごしに見ている映像がそれを装備していない完全な第三者でも見ることが可能となっている。この部分は非常に大きなセールスポイントでありcastARの持つ大きな武器ではないだろうか。視界の共有という点では他のスマートグラスにはない強み、間口の広さを持っているのだ。

各社がこぞって開発に乗り出し、さまざまな特徴を持ったものを考案している。今回のcastARも独自の特徴を持っている。AR業界は戦国時代と述べたが、はたしてどんな特徴のものが天下を取るのであろうか。

2017年1月16日追記
castARは雇用に力を入れていて、その分野で活躍する有名人を次々に採用し今年2017年ローンチを目指している。

castAR、元EAチーフマネージャーやCITY VILLE開発者をCEOに任命

castAR、新しいスタジオを設立し、ディズニーインフィニティ開発者を人材雇用

castAR、新たな人材を登用しARスマートグラスの2017年ローンチを目指す

ARスマートグラス castAR

現在修行中のフリーライター。主に娯楽関連が得意分野です。AR技術が娯楽業界に如何なる影響を与えるか非常に興味を持っています。

次回予告
気になる方は登録を↓
follow us in feedly